圧発汗反射の学説

発見:久野寧
人が発汗しているときに、側臥位で寝ると上側になる半身の発汗は増加
下側になる半身は発汗が減少する。

研究:高木健太郎
1954年「皮膚圧、半側発汗反射」を発表
圧迫側は交感神経の働きが抑制的に作用非圧迫側は興奮的に作用する。


圧迫側

非圧迫側

発 汗

減少

増加

皮膚温(腋窩温)

低下

上昇

血 圧

下降

上昇

鼻粘膜

毛細血管拡張

毛細血管収縮

参考書籍:はりきゅう理論 2011年3月15日第1版第10刷P.103,104


参考までにはりきゅう師国家試験問題を掲載しまーす
はき1-157 圧発汗反射では、側臥位のとき上になる半身の発汗はどうなるか。
1. 減少する。
2. 増加する。
3. 変化しない。
4. 一定しない。

はき4-148 圧発汗反射の圧迫側の反応で正しいのはどれか。
1. 発汗の減少
2. 皮膚温の上昇
3. 痛覚閾値の低下
4. 鼻粘膜毛細血管の収縮

はき8-150 圧発汗反射の学説で圧迫側に起こる反応として正しい組合せはどれか。
1. 発 汗       ― 増 加
2. 腋窩温       ― 低 下
3. 血 圧       ― 上 昇
4. 鼻粘膜毛細血管   ― 収 縮



 

解答:はき1-157 
解答:はき4-148 
解答:はき8-150 

下腿のコンパートメント

コンパートメントをおこす原因
①急性外傷   骨折、打撲、筋断裂 (血腫形成)
②スポーツ外傷 腓腹筋肉離れ、アキレス腱断裂、
③慢性障害   シンスプリント、アキレス腱炎、疲労骨折

下腿のコンパートメント 宮武



前方のコンパートメント

伸筋群

前脛骨筋、長母趾伸筋、

長趾伸筋

深腓骨神経

他動運動:母趾の屈曲で疼痛誘発
圧痛部位:下腿前外側、下腿前面

 

 

2

外側のコンパートメント

腓骨筋群

長腓骨筋、短腓骨筋

浅腓骨神経

他動運動:足関節の内反で疼痛誘発
圧痛部位:下腿外側、腓骨上部

 

 

3

浅後方のコンパートメント

屈筋群

浅層

腓腹筋、ヒラメ筋

知覚

腓腹神経

他動運動:足関節の伸展(背屈)
圧痛部位:ふくらはぎ

 

 

4

深後方のコンパートメント

屈筋群

深層

後脛骨筋、長母趾屈筋、

長趾屈筋

脛骨神経

他動運動:母趾の伸展
圧痛部位:下腿内側、アキレス腱と脛骨の間

下腿の筋群は膜状の壁によって、4コンパートメント(区画)に分けられています。
(前方コンパートメント外側コンパートメント深後方コンパートメント、浅後方コンパートメント)

『コンパートメント症候群』は下腿部の外傷〔骨折、打撲、筋断裂〕が原因となり、外傷をうけたコンパートメント部の組織内圧が上昇します。それに伴って、強い疼痛、感覚障害(しびれやうずき)を訴えます。

↓↓↓↓↓こちらが4コンパートメン ト(区画)です。
下記にコンパートメントについてまとめてみました
① 前方コンパートメント
関係する筋群: 前脛骨筋、長母趾伸筋、長趾伸筋
関係する神経: 深腓骨神経
関係する経絡: 足の陽明胃経
関係する経穴: 足三里、上巨虚、条口、下巨虚、豊隆

② 外側コンパートメント
関係する筋群: 長腓骨筋、短腓骨筋
関係する神経: 浅腓骨神経
関係する神経: 足の少陽胆経
関係する経穴: 陽陵泉、陽交、外丘、光明、陽輔、懸鐘

③ 深後方コンパートメント
関係する筋群: 後脛骨筋、長母趾屈筋、長趾屈筋
関係する神経: 脛骨神経
関係する経絡: 足の太陰脾経
関係する経穴: 三陰交、漏谷、地機

④ 浅後方コンパートメント
関係する筋群: 腓腹筋、ヒラメ筋、足底筋
関係する神経: (腓腹神経)← 知覚神経
関係する経絡: 足の太陽膀胱経
関係する経穴: 合陽、承筋、承山、飛揚、跗陽

 はり師・きゅう師の国家試験にコンパーメントに関する問題がでました。
下腿の慢性コンパートメント障害で障害部位と局所治療穴との組合せで正しいのはどれか。
1. 前方コンパートメント  - 外 丘
2. 外側コンパートメント  - 豊 隆
3. 浅後方コンパートメント - 漏 谷
4. 深後方コンパートメント - 三陰交

解答:4

解説
1. 前方コンパートメントは足の陽明胃経(足三里、上巨虚、条口、下巨虚、豊隆)が関係する。
2. 外側コンパートメントは足の少陽胆経(陽陵泉、陽交、外丘、光明、陽輔、懸鐘)が関係する。
3. 浅後方コンパートメントは足の太陽膀胱経(合陽、承筋、承山、飛揚、跗陽)が関係する。
4. 深後方コンパートメントは足の太陰脾経(三陰交、漏谷、地機)が関係する。

経絡経穴の位置と解剖学的な構造の理解に努めましょう~
 

頭部の神経痛と罹患神経

 

神経から経穴を考えるパターン
—————————————————————————————–

小後頭神経
三焦:天牖
胆 :率谷・浮白・頭竅陰・完骨

大耳介神経
三焦:翳風・瘈脈・顱息

頚神経後枝
胆 :風池

大後頭神経
督脈:風府・脳戸・強間・後頂・百会
膀胱:絡却・玉枕・天柱
胆 :承霊・脳空

三叉神経第1枝
督脈:百会・前頂・顖会・上星・神庭・素髎
胃 :頭維
膀胱:睛明・攅竹・眉衝・曲差・五処・承光・通天
三焦:絲竹空
胆 :本神・陽白・頭臨泣・目窓・正営・承霊

三叉神経第2枝
督脈:水溝・兌端・齦交
大腸:禾髎・迎香
胃 :承泣・四白・巨髎・地倉
小腸:顴髎
三焦:絲竹空
胆 :瞳子髎

三叉神経第3枝
任脈:承漿
胃 :地倉・大迎・頬車・下関・頭維
小腸:聴宮
三焦:角孫・耳門・和髎
胆 :聴会・客主人(上関)・頷厭・懸顱・懸釐・曲鬢・率谷
奇穴:太陽(当容)・夾承漿

———————————————————————————-

経絡と経穴から神経を割り出すパターン
———————————————————————————-

督脈
風府・脳戸・強間・後頂・百会    →大後頭神経
百会・前頂・顖会・上星・神庭・素髎 →三叉神経第1枝
水溝・兌端・齦交          →三叉神経第2枝

任脈
承漿→三叉神経第3枝

手の陽明大腸経
禾髎・迎香→三叉神経第2枝

足の陽明胃経
承泣・四白・巨髎・地倉→三叉神経第2枝
地倉・大迎・頬車・下関・頭維→三叉神経第3枝
頭維→三叉神経第1枝

手の太陽小腸経
顴髎→三叉神経第2枝
聴宮→三叉神経第3枝

足の太陽膀胱経
睛明・攅竹・眉衝・曲差・五処・承光・通天→三叉神経第1枝
絡却・玉枕・天柱→大後頭神経

手の少陽三焦経
天牖→小後頭神経
翳風・瘈脈・顱息→大耳介神経
角孫・耳門・和髎→三叉神経第3枝
絲竹空→三叉神経第1枝・三叉神経第2枝

足の少陽胆経
瞳子髎→三叉神経第2枝
聴会・客主人(上関)・頷厭・懸顱・懸釐・曲鬢・率谷→三叉神経第3枝
率谷・浮白・頭竅陰・完骨→小後頭神経
本神・陽白・頭臨泣・目窓・正営・承霊→三叉神経第1枝
承霊・脳空→大後頭神経