東洋医学 二十四節気 ”立冬”

昨日は二十四節気の立冬。
いよいよ冬に突入。
雨ごとにどんどん寒くなっていますね。

 

今年も急な冷え込みのため
街中の木々も一気に色づき始めていて
紅葉狩りが楽しみになってきました
 

自然界は草木は枯れ、

動物は冬眠状態となり、

自然界で生きている人間も、

身体を休ませる時期に入っています。

 

養生としては「蔵」。

必要なものを体内にしっかりと蓄えることが大切です。

 

なので
激しい運動で、気(エネルギー)などを消耗するのは
東洋医学的にはお薦めしません。

が、もちろん
個体差があるので
皆が激しい運動がダメなわけではありませんよ。

この時期、気を付けたいのはやはり冷え

学生の中にも
かなり足が冷えているのに
足の冷えを予防する靴下を
きちんとはいていない子が多いのです
 

特に女性の皆さん、
足の冷えには要注意ですよ!!

なぜかというと
足先で冷えた血液が
静脈を通って心臓に戻るのですが、

まず
腹部で子宮や卵巣を冷やしてしまうのです叫び

冷えは
各臓腑や組織器官の働きを低下させます。

 

オシャレも大切ですが、

まず身体を守るオシャレを心がけてくださいね~ビックリマーク.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>