東洋医学 二十四節気”啓蟄”

本日は二十四節気の啓蟄(けいちつ)

七十二侯では
”蟄虫戸を啓く”(すごもりのむしとをひらく)


地中で冬ごもりしていた虫が
はい出して活動を始める頃。

蟄(ちつ)とは
虫などが土の中に閉じこもるという意味。

昨日から寒の戻りでかなり寒いので
虫もびっくりして土の中へ戻っているかもしれませんねアメブロ 絵文字①


初春の
徐々に暖かくなる様子を
三寒四温といいますが、

もともとの言葉の意味は

冬場に
3日寒い日が続いた後、
暖かい日が4日交互に続くこと
らしいです。


現存する中国最古の医学書
『黄帝内経素門』<四気調神大論第二>に
季節による養生法が書かれています。
(小曽戸丈夫先生『意釈黄帝内経素問』より抜粋)


春は、
すべてのものが発生し、つらなる季節。

人々は夜更かしすることなく、早く床に入り、
朝は早く起き出しゆるやかに庭を歩くようにする。


肉体的には急激な労働をしたりすることなく、
精神的にはすべてにおいてゆったりと
のびのびさせておくとよい。


この養生法に逆らって
心を緊張させたり、
急激な労働をしたりすると
春に盛んに活動する肝の臓が
傷害されて病となる。



今の時期
年度末でバタバタとしている方も多いと思いますが、

OFFの時間は

できるだけ気持ちをゆったりとさせ
リラックスすることが大切ですアメブロ 絵文字②


もし
ストレスを感じていたり、
身体的にしんどいと感じている場合

ぜひ
試してもらいたいリラックス法があります。



①目を閉じて、今の自分の感覚に集中します。

色で表すと

どんな色なのか?

質感は?

温度は?

匂いは?

何か聞こえてくる音はある?



②出てきた答えに対して、イメージで感覚の変化を起こさせます。

自分の好きな色や質感に変えてみる。

自分の好きな、心地良いと感じる空間や温度に変えてみる。

自分の好きな匂いに変えてみる。

自分の好きな音楽を流してみる。

などなど。


人はいくらでもイメージで
自分の状況を変化させることができます アメブロ絵文字③

慣れないと

イメージしにくいかもしれませんが
何度がやっているうちに

自分が最高に気持ちよい状態に
瞬時にイメージすることができるようになりますよ。


ぜひ、お試しあーれアメブロ 絵文字びっくりマーク2

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>