下腿のコンパートメント

コンパートメントをおこす原因
①急性外傷   骨折、打撲、筋断裂 (血腫形成)
②スポーツ外傷 腓腹筋肉離れ、アキレス腱断裂、
③慢性障害   シンスプリント、アキレス腱炎、疲労骨折

下腿のコンパートメント 宮武



前方のコンパートメント

伸筋群

前脛骨筋、長母趾伸筋、

長趾伸筋

深腓骨神経

他動運動:母趾の屈曲で疼痛誘発
圧痛部位:下腿前外側、下腿前面

 

 

2

外側のコンパートメント

腓骨筋群

長腓骨筋、短腓骨筋

浅腓骨神経

他動運動:足関節の内反で疼痛誘発
圧痛部位:下腿外側、腓骨上部

 

 

3

浅後方のコンパートメント

屈筋群

浅層

腓腹筋、ヒラメ筋

知覚

腓腹神経

他動運動:足関節の伸展(背屈)
圧痛部位:ふくらはぎ

 

 

4

深後方のコンパートメント

屈筋群

深層

後脛骨筋、長母趾屈筋、

長趾屈筋

脛骨神経

他動運動:母趾の伸展
圧痛部位:下腿内側、アキレス腱と脛骨の間

下腿の筋群は膜状の壁によって、4コンパートメント(区画)に分けられています。
(前方コンパートメント外側コンパートメント深後方コンパートメント、浅後方コンパートメント)

『コンパートメント症候群』は下腿部の外傷〔骨折、打撲、筋断裂〕が原因となり、外傷をうけたコンパートメント部の組織内圧が上昇します。それに伴って、強い疼痛、感覚障害(しびれやうずき)を訴えます。

↓↓↓↓↓こちらが4コンパートメン ト(区画)です。
下記にコンパートメントについてまとめてみました
① 前方コンパートメント
関係する筋群: 前脛骨筋、長母趾伸筋、長趾伸筋
関係する神経: 深腓骨神経
関係する経絡: 足の陽明胃経
関係する経穴: 足三里、上巨虚、条口、下巨虚、豊隆

② 外側コンパートメント
関係する筋群: 長腓骨筋、短腓骨筋
関係する神経: 浅腓骨神経
関係する神経: 足の少陽胆経
関係する経穴: 陽陵泉、陽交、外丘、光明、陽輔、懸鐘

③ 深後方コンパートメント
関係する筋群: 後脛骨筋、長母趾屈筋、長趾屈筋
関係する神経: 脛骨神経
関係する経絡: 足の太陰脾経
関係する経穴: 三陰交、漏谷、地機

④ 浅後方コンパートメント
関係する筋群: 腓腹筋、ヒラメ筋、足底筋
関係する神経: (腓腹神経)← 知覚神経
関係する経絡: 足の太陽膀胱経
関係する経穴: 合陽、承筋、承山、飛揚、跗陽

 はり師・きゅう師の国家試験にコンパーメントに関する問題がでました。
下腿の慢性コンパートメント障害で障害部位と局所治療穴との組合せで正しいのはどれか。
1. 前方コンパートメント  - 外 丘
2. 外側コンパートメント  - 豊 隆
3. 浅後方コンパートメント - 漏 谷
4. 深後方コンパートメント - 三陰交

解答:4

解説
1. 前方コンパートメントは足の陽明胃経(足三里、上巨虚、条口、下巨虚、豊隆)が関係する。
2. 外側コンパートメントは足の少陽胆経(陽陵泉、陽交、外丘、光明、陽輔、懸鐘)が関係する。
3. 浅後方コンパートメントは足の太陽膀胱経(合陽、承筋、承山、飛揚、跗陽)が関係する。
4. 深後方コンパートメントは足の太陰脾経(三陰交、漏谷、地機)が関係する。

経絡経穴の位置と解剖学的な構造の理解に努めましょう~
 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>