国家試験【あん摩マッサージ指圧師】過去問題

1993年(平成5年)第1回 あん摩マッサージ指圧師国家試験

東洋医学臨床論 (問題125〜140)

問135

疲労に対する施術で最も注意が必要なのはどれか。

  1. 畑仕事による疲労       
  2. 急激な著しい体重減少を伴う疲労
  3. コンピュータ-作業による疲労  
  4. スポーツによる疲労
解答・解説を見る
解答:
2

問136

肩こりについて誤っているのはどれか。

  1. 胸痛と左上肢に放散痛がある場合は施術を控える。
  2. 施術は僧帽筋、肩甲挙筋などを対象に行う。
  3. 頸部のストレッチが有効である。
  4. ウイリアムズ体操が有効である。
解答・解説を見る
解答:
4

問137

大腿四頭筋の強化訓練が適しているのはどれか。

  1. 坐骨神経痛  
  2. 変形性膝関節症  
  3. 急性腰痛  
  4. 足関節捻挫
解答・解説を見る
解答:
2

問138

コッドマン体操が適しているのはどれか。

  1. 腰痛  
  2. 肋間神経痛  
  3. 肩関節周囲炎  
  4. 慢性関節リウマチ
解答・解説を見る
解答:
3

問139

腓骨神経麻痺の治療目的で誤っているのはどれか。

  1. 尖足を予防するため足関節を0゚に保持する。  
  2. 前脛骨筋の筋力を回復させる。
  3. 下腿三頭筋の循環を促進する。        
  4. 後脛骨筋の過緊張を除去する。
解答・解説を見る
解答:
3

問140

20歳の女性。数年前より時々側頭部に発作的な拍動性の痛みがある。医療機関の検査では頭蓋内病変はないという。治療として誤っているのはどれか。

  1. ネーゲリーの伸頭法を行う。  
  2. 側頭部の圧痛点に圧迫法を行う。
  3. 発作時は頭部を温める。    
  4. 頸肩背部に誘導マッサージを行う。
解答・解説を見る
解答:
3

問141

単純性不眠症に対する施術で適切でないのはどれか。

  1. 睡眠前の叩打、振せんを主としたマッサージ施術
  2. 快適感覚を伴うあん摩施術
  3. 入浴後の軽い全身マッサージ施術
  4. 睡眠前の弱い指圧施術
解答・解説を見る
解答:
1

問142

肋間神経痛の施術について誤っているのはどれか。

  1. 圧痛点に持続的圧迫法を行う。  
  2. 肋間に沿って手掌按撫を行う。
  3. 疼痛部位に叩打法を行う。   
  4. 指頭で肋間に圧迫、揉捏法を行う。
解答・解説を見る
解答:
3

問143

高齢者が尻もちをつき急性腰痛が発症した。対応で適切でないのはどれか。

  1. 原則として安静を第一とする。
  2. 原則として局所の積極的な施術を第一とする。
  3. できるだけ早く医療機関への受診を勧める。
  4. 局所に炎症症状がみられる場合は罨法を勧める。
解答・解説を見る
解答:
2

問144

気管支喘息発作中の施術で有効なのはどれか。

  1. 腹部マッサージ      
  2. 腰部の強めの持続圧迫
  3. 起坐姿勢での背部の按撫  
  4. 頭頸部の徒手牽引
解答・解説を見る
解答:
3

問145

80歳の男性。高血圧で薬物治療中。最近睡眠が浅く肩がこるという。施術として適切なのはどれか。

  1. 背部の強い圧迫法   
  2. 長時間の施術 
  3. 腹部の強いろとう揉捏  
  4. 軽い全身マッサージ
解答・解説を見る
解答:
4

問146

40歳の男性。朝、顔を洗った後に左の下眼瞼から上唇にかけて数分間激しく痛み、発作は夕方までに数回あった。神経経路上に圧痛点がある。治療として正しいのはどれか。

  1. 顔面神経伸展法        
  2. 顔面部の振せん法
  3. ワレー圧痛点の持続的圧迫法  
  4. 疼痛部位の冷罨法
解答・解説を見る
解答:
3

問147

高血圧症患者について施術の適応性の最も高いのはどれか。

  1. 下肢の浮腫を伴っている場合
  2. 頭痛、めまいを伴っている場合
  3. 医師の管理下で薬物治療中の場合
  4. 境界域高血圧症で運動不足を指摘されている場合
解答・解説を見る
解答:
4

問148

30歳の女性。1年前から発作的な回転性眩暈、耳鳴と難聴がある。施術として正しいのはどれか。

  1. 伝音系疾患と考え頸部のマッサージを行う。
  2. メニエール病と考え頸肩背部のマッサージを行う。
  3. 本態性高血圧症と考え全身の強いマッサージを行う。
  4. 頸椎症によるものと考え頸部の圧痛点に持続的圧迫法を行う。
解答・解説を見る
解答:
2

問149

スポーツ競技者に対するマッサージの目的として適切でないのはどれか。

  1. 筋力の強化  
  2. 筋の過緊張の除去  
  3. 筋疲労の回復  
  4. 体調の調整
解答・解説を見る
解答:
1

問150

腹痛時の施術が適応となるのはどれか。

  1. 筋性防御がある場合      
  2. 黄疸のみられる場合
  3. 発熱や下痢、嘔吐のある場合  
  4. 心因性の場合
解答・解説を見る
解答:
4