国家試験【あん摩マッサージ指圧師】過去問題

1994年(平成6年)第2回 あん摩マッサージ指圧師国家試験

経絡経穴概論 (問題109〜117)

問109

相生関係で正しい記述はどれか。

  1. 肝は胆を生じる。  
  2. 心は腎を生じる。
  3. 脾は肺を生じる。  
  4. 小腸は大腸を生じる。
解答・解説を見る
解答:
3

問117

肘に最も近い経穴はどれか。

  1. 太淵  
  2. _門  
  3. 曲池  
  4. 陽池
解答・解説を見る
解答:
3

問118

手の厥陰心包経の経穴はどれか。

  1. 内関  
  2. 孔最  
  3. 尺沢  
  4. 神門
解答・解説を見る
解答:
1

問119

下腿にある経穴はどれか。

  1. 温溜  
  2. 梁丘  
  3. 陰陵泉  
  4. 血海
解答・解説を見る
解答:
3

問120

第2腰椎棘突起下の外方1寸5分にある経穴はどれか。

  1. 肝兪  
  2. 大腸兪  
  3. 小腸兪  
  4. 腎兪
解答・解説を見る
解答:
4

問121

督脈に属する経穴はどれか。

  1. 大椎  
  2. 天枢  
  3. _中  
  4. 中_
解答・解説を見る
解答:
1

問122

募穴でないのはどれか。

  1. 中_  
  2. 梁門  
  3. 日月  
  4. 石門
解答・解説を見る
解答:
2

問123

次の文で示す経絡はどれか。「顔面部に起こり、胸部、腹部を下り、大腿下腿の前側を下り、足の第2指末端に終わる。」

  1. 足の太陰脾経   
  2. 足の少陰腎経  
  3. 足の太陽膀胱経  
  4. 足の陽明胃経
解答・解説を見る
解答:
4

問124

正経と奇経の数で正しいのはどれか。

  1. 正経14、奇経6 
  2. 正経12、奇経8  
  3. 正経12、奇経12  
  4. 正経10、奇経8
解答・解説を見る
解答:
2