国家試験【あん摩マッサージ指圧師】過去問題

1995年(平成7年)第3回 あん摩マッサージ指圧師国家試験

リハビリテーション医学 (問題97〜106)

問97

障害と医学的リハビリテーションの方法との組合せで適切なのはどれか。

  1. 機能・形態障害 - 車椅子の使用  
  2. 機能・形態障害 - 家屋の改造
  3. 能力障害    - 利き手の交換    
  4. 能力障害    - 合併症の予防
解答・解説を見る
解答:
3

問98

運動療法を中止すべき状態はどれか。

  1. 収縮期血圧 180mmHg  
  2. 収縮期血圧 160mmHg
  3. 拡張期血圧 95mmHg  
  4. 拡張期血圧 85mmHg
解答・解説を見る
解答:
1

問99

ADLの意味はどれか。

  1. 筋力評価  
  2. 作業療法  
  3. 生きがい  
  4. 日常生活活動
解答・解説を見る
解答:
4

問100

深部感覚でないのはどれか。

  1. 温度覚  
  2. 位置覚  
  3. 運動覚  
  4. 振動覚
解答・解説を見る
解答:
1

問101

関節可動域について正しいのはどれか。

  1. 股関節屈曲:0゚~45゚  
  2. 膝関節屈曲:0゚~90゚
  3. 肘関節屈曲:0゚~145゚  
  4. 手関節掌屈:0゚~40゚
解答・解説を見る
解答:
3

問102

脳性麻痺の病型に含まれないのはどれか。

  1. 痙直型  
  2. 失調型  
  3. デュシェンヌ型  
  4. アテトーゼ型
解答・解説を見る
解答:
3

問103

脳卒中急性期における理学療法の原則として正しい記述はどれか。

  1. 体位変換は毎日1回とする。   
  2. 側臥位は麻痺側を下にする。
  3. 良肢位で持続的に固定する。   
  4. 他動的関節可動域訓練をする。
解答・解説を見る
解答:
4

問104

慢性関節リウマチについて正しい記述はどれか。

  1. 手足のこわばりは夜間に増悪する。  
  2. 関節症状以外に心肺症状の併発に注意する。
  3. 手指の変形はまれである。      
  4. クラス1の機能障害では寝たきりとなる。
解答・解説を見る
解答:
2

問105

脊髄損傷の合併症でないのはどれか。

  1. てんかん発作  
  2. 起立性低血圧  
  3. 尿路感染症  
  4. 褥瘡
解答・解説を見る
解答:
1

問106

腰痛について誤っている記述はどれか。

  1. 直立歩行が原因の一つである。
  2. 腹腔内の臓器疾患でも起こる。
  3. ラセーグ徴候は椎間板ヘルニアでみられる。
  4. 急性期には股関節・膝関節伸展位を保持させる。
解答・解説を見る
解答:
4