国家試験【あん摩マッサージ指圧師】過去問題

1996年(平成8年)第4回 あん摩マッサージ指圧師国家試験

あん摩マッサージ指圧理論 (問題141〜150)

問125

軽擦法の皮膚に及ぼす作用で適切でないのはどれか。

  1. 感覚受容器の刺激  
  2. 新陳代謝の促進  
  3. 血管の収縮     
  4. 皮膚温の上昇
解答・解説を見る
解答:
3

問126

エリザベート・ディッケが創始したのはどれか。

  1. リンパマッサージ  
  2. 骨膜マッサージ  
  3. 乳房マッサージ   
  4. 結合織マッサージ
解答・解説を見る
解答:
4

問127

脊柱を矯正する押圧操作はどれか。

  1. 振動圧法  
  2. 持続圧法  
  3. 衝圧法  
  4. 吸引圧法
解答・解説を見る
解答:
3

問128

手技について誤っている記述はどれか。

  1. 運動操作は指圧の基本である。   
  2. 按捏法は揉捏法と圧迫法との混合手技である。
  3. 曲手はあん摩特有の手技である。  
  4. 圧迫法は漸増漸減圧が基本である。
解答・解説を見る
解答:
2

問129

手背部で叩く手技はどれか。

  1. 拳打法  
  2. 切打法  
  3. 合掌打法  
  4. 空気(宿気)打法
解答・解説を見る
解答:
4

問130

古方あん摩の墨規矩で用いる手技はどれか。

  1. 軽擦法  
  2. 揉捏法  
  3. 圧迫法  
  4. 叩打法
解答・解説を見る
解答:
1

問131

病態と治効作用との組合せで正しいのはどれか。

  1. 関節の拘縮  - 興奮作用  
  2. 筋のけいれん - 鎮静作用
  3. 知覚麻痺   - 誘導作用  
  4. 浮腫     - 矯正作用
解答・解説を見る
解答:
2

問132

内臓疾患の際に筋の過緊張を起こす反射はどれか。

  1. 体性-自律神経反射  
  2. 内臓-内臓反射
  3. 内臓-知覚反射    
  4. 内臓-運動反射
解答・解説を見る
解答:
4

問133

伝導熱を利用する温熱療法はどれか。

  1. パラフィン浴  
  2. 電光浴  
  3. 極超短波療法  
  4. 赤外線療法
解答・解説を見る
解答:
1

問134

ウィリアムス体操の目的で正しいのはどれか。

  1. 肩関節の可動域改善  
  2. 膝関節の可動域改善  
  3. 腹筋の筋力強化  
  4. 上腕の筋力強化
解答・解説を見る
解答:
3