国家試験【あん摩マッサージ指圧師】過去問題

1996年(平成8年)第4回 あん摩マッサージ指圧師国家試験

リハビリテーション医学 (問題97〜106)

問97

身体障害者福祉法に基づく内部障害でないのはどれか。

  1. 心機能障害  
  2. 肝機能障害  
  3. 腎機能障害  
  4. 直腸膀胱障害
解答・解説を見る
解答:
2

問98

関節の正常可動範囲で正しいのはどれか。

  1. 肩関節屈曲:0゚~70゚  
  2. 手関節掌屈:0゚~40゚
  3. 股関節屈曲:0゚~70゚  
  4. 足関節底屈:0゚~45゚
解答・解説を見る
解答:
4

問99

 肩関節の運動で誤っているのはどれか。

  1. 屈曲  
  2. 内旋  
  3. 内転  
  4. 回内
解答・解説を見る
解答:
4

問100

運動療法で正しい記述はどれか。

  1. 伸張運動は筋力を増す。            
  2. 関節モビリゼーションは痛みと関係なく行う。
  3. 関節の可動域訓練は筋力のない患者にも行う。  
  4. 抵抗運動は筋力2(可)の患者に行う。
解答・解説を見る
解答:
3

問101

温熱刺激の作用で誤っている記述はどれか。

  1. 末梢血管が拡張する。      
  2. 代謝が低下する。
  3. 関節の可動域の増加を助ける。  
  4. 筋のスパズムが軽減する。
解答・解説を見る
解答:
2

問102

脳卒中に属さない疾患はどれか。

  1. 脳内出血  
  2. 脳梗塞  
  3. 脳腫瘍  
  4. クモ膜下出血
解答・解説を見る
解答:
3

問103

脊髄損傷について正しい記述はどれか。

  1. 原因として血管障害が多い。   
  2. 発症直後から腱反射が亢進する。
  3. 頸髄損傷では対麻痺となる。   
  4. 膀胱直腸障害が起こる。
解答・解説を見る
解答:
4

問104

慢性関節リウマチで誤っている記述はどれか。

  1. 高齢者の発症は少ない。       
  2. 中手指節関節に多い。
  3. 炎症症状に応じて運動療法を行う。  
  4. 関節可動域訓練は強力に行う。
解答・解説を見る
解答:
4

問105

脳性麻痺によくみられる状態として誤っているのはどれか。

  1. 脳病変の進行  
  2. 運動発達の遅延  
  3. 筋緊張の亢進  
  4. 股関節脱臼の出現
解答・解説を見る
解答:
1

問106

五十肩について誤っている記述はどれか。

  1. 肩関節周囲炎とも呼ばれる。  
  2. 疼痛が治まるまで安静にする。
  3. 運動前に温熱療法を行う。   
  4. 拘縮に対し滑車訓練を行う。
解答・解説を見る
解答:
2