国家試験【あん摩マッサージ指圧師】過去問題

1997年(H9年)第5回 あん摩マッサージ指圧師国家試験

あん摩マッサージ指圧理論 (問題125〜134)

問125

あん摩の基本手技でないのはどれか。

  1. 軽擦法
  2. 圧迫法
  3. 揉捏法
  4. 強擦法
解答・解説を見る
解答:

問126

主に頭部に用いられる曲手はどれか。

  1. 挫手(くじきて)
  2. 突手(つきて)
  3. 横手(よこて)
  4. 柳手(やなぎて)
解答・解説を見る
解答:

問127

胸鎖乳突筋部に適した揉捏法はどれか。

  1. 手掌揉捏法
  2. 二指揉捏法
  3. ろとう揉捏法
  4. 錐状(きりもみ状)揉捏法
解答・解説を見る
解答:

問128

軽擦法による触・圧覚を伝える神経線維はどれか。

  1. Aα
  2. Aβ
  3. Aγ
解答・解説を見る
解答:

問129

圧発汗反射の求心路はどれか。

  1. 交感神経
  2. 副交感神経
  3. 知覚神経
  4. 運動神経
解答・解説を見る
解答:

問130

あん摩マッサージ指圧刺激による内臓機能の調整に関する反射はどれか。

  1. 体性-内臓反射
  2. 内臓-内臓反射
  3. 内臓-知覚反射
  4. 内臓-運動反射
解答・解説を見る
解答:

問131

頸動脈洞部の圧迫刺激により誘発される現象はどれか。

  1. 血圧上昇
  2. 瞳孔散大
  3. 心拍数減少
  4. 利尿
解答・解説を見る
解答:

問132

あん摩マッサージ指圧の効果として適切でないのはどれか。

  1. 関節拘縮の改善
  2. 筋線維の増加
  3. リンパ循環の改善
  4. 内臓機能の調節
解答・解説を見る
解答:

問133

筋力テストで筋力4 の場合に、筋力増強に応用されるのはどれか。

  1. 他動運動
  2. 自動介助運動
  3. 自動運動
  4. 抵抗運動
解答・解説を見る
解答:

問134

オステオパシーに関する記述はどれか。

  1. 擦過軽擦の手技を行う。
  2. 創始者はパーマーである。
  3. 骨格の異常を徒手で調整する方法である。
  4. ヨーロッパから導入された。
解答・解説を見る
解答:
3