国家試験【あん摩マッサージ指圧師】過去問題

1998年(H10年)第6回 あん摩マッサージ指圧師国家試験

あん摩マッサージ指圧理論 (問題141〜150)

問141

古方あん摩の「調摩の術」と関係がある手技はどれか。

  1. 圧迫法
  2. 揉捏法
  3. 軽擦法
  4. 振せん法
解答・解説を見る
解答:

問142

手指や足指に適した軽擦法はどれか。

  1. 指頭軽擦法
  2. 手掌軽擦法
  3. 指髁軽擦法
  4. 二指軽擦法
解答・解説を見る
解答:

問143

皮下に生じた血腫の吸収を促進するのに適した手技はどれか。

  1. 強擦法
  2. 圧迫法
  3. 揉捏法
  4. 振せん法
解答・解説を見る
解答:

問144

骨格筋の伸展運動に応答する受容器はどれか。

  1. パチニ小体
  2. 筋紡錘
  3. 自由神経終末
  4. ルフィニ終末
解答・解説を見る
解答:

問145

マッサージを求心性に行う理由で正しい記述はどれか。

  1. 動脈の流れを促進する。
  2. リンパの流れを促進する。
  3. 知覚神経の伝導速度を高める。
  4. 脊髄反射を亢進させる。
解答・解説を見る
解答:

問146

あん摩施術により反射的に大腸の蠕動運動が亢進した。遠心路に関与する神経はどれか。

  1. 知覚神経
  2. 運動神経
  3. 交感神経
  4. 副交感神経
解答・解説を見る
解答:

問147

ツェルマーク反射を起こす圧迫部位はどれか。

  1. 頸動脈洞
  2. 胸壁
  3. 眼球
  4. 足底
解答・解説を見る
解答:

問148

ヘッド帯に関与する組合せはどれか。

  1. 内臓と知覚神経
  2. 内臓と運動神経
  3. 筋肉と知覚神経
  4. 筋肉と運動神経
解答・解説を見る
解答:

問149

圧自律神経反射の学説で、非圧迫側の反応について誤っているのはどれか。

  1. 血圧上昇
  2. 発汗減少
  3. 皮膚温上昇
  4. 鼻粘膜血管収縮
解答・解説を見る
解答:

問150

汎適応症候群の学説を提唱したのは誰か。

  1. ウイナー
  2. レイリー
  3. セリエ
  4. ベルナール
解答・解説を見る
解答: