国家試験【あん摩マッサージ指圧師】過去問題

1999年(H11年)第7回 あん摩マッサージ指圧師国家試験

あん摩マッサージ指圧理論 (問題141〜150)

問141

古方あん摩のうち関節を動かすのはどれか。

  1. 解釈の術
  2. 調摩の術
  3. 利関の術
  4. 肩井の術
解答・解説を見る
解答:

問142

あん摩の治療的作用に含まれないのはどれか。

  1. 転調作用
  2. 止血作用
  3. 鎮静作用
  4. 反射作用
解答・解説を見る
解答:
1,2

問143

切打法ではどの部位を使用するか。

  1. 指頭
  2. 小指尺側
  3. 手背
  4. 手掌
解答・解説を見る
解答:

問144

手掌や足底に適した軽擦法はどれか。

  1. 二指軽擦法
  2. 環状軽擦法
  3. 四指軽擦法
  4. 指髁軽擦法
解答・解説を見る
解答:

問145

強擦法を構成する手技はどれか。

  1. 軽擦と揉捏
  2. 軽擦と圧迫
  3. 揉捏と振せん
  4. 揉捏と圧迫
解答・解説を見る
解答:

問146

指圧について誤っている記述はどれか。

  1. 内臓の機能を調節する。
  2. 神経痛にはワレーの圧痛点に施術する。
  3. 運動麻痺には持続圧迫法を用いる。
  4. 運動操作は健康増進法として応用される。
解答・解説を見る
解答:

問147

軽擦法によって生じる触覚の伝導に関与しないのはどれか。

  1. 高閾値侵害受容器
  2. Aβ線維
  3. 脊髄神経節
  4. 後角
解答・解説を見る
解答:

問148

大腿内側のあん摩で施術する筋はどれか。

  1. 大腿二頭筋
  2. 大腿直筋
  3. 大腿筋膜張筋
  4. 薄筋
解答・解説を見る
解答:

問149

セリエのストレス学説でストレス刺激に対する生体反応はどれか。

  1. 脾臓の萎縮
  2. 胸腺の肥大
  3. 副腎皮質の萎縮
  4. 胃・十二指腸潰瘍
解答・解説を見る
解答:

問150

キャノンが提唱したのはどれか。

  1. サイバネティックス
  2. ホメオスターシス
  3. 汎適応症候群
  4. 過剰刺激症候群
解答・解説を見る
解答: