国家試験【あん摩マッサージ指圧師】過去問題

1999年(H11年)第7回 あん摩マッサージ指圧師国家試験

リハビリテーション医学 (問題97~106)

問97

障害とそのアプローチとの組合せで誤っているのはどれか。

  1. 機能障害 - 外科的治療
  2. 機能障害 - 特殊技能の獲得
  3. 社会的不利 - 職場復帰の促進
  4. 社会的不利 - 介護の保障
解答・解説を見る
解答:

問98

身体障害に含まれないのはどれか。

  1. 肢体不自由
  2. 内部障害
  3. 聴覚言語障害
  4. てんかん
解答・解説を見る
解答:

問99

前腕にのみみられる動きはどれか。

  1. 回内
  2. 屈曲
  3. 伸展
  4. 内転
解答・解説を見る
解答:

問100

立位姿勢が安定する要因で正しい記述はどれか。

  1. 重心の位置が高い。
  2. 支持面が狭い。
  3. 重心線が支持面に落ちる。
  4. 体重が軽い。
解答・解説を見る
解答:

問101

理学療法の内容で誤っているのはどれか。

  1. 関節可動域訓練
  2. 治療体操
  3. 電気治療
  4. 職業訓練
解答・解説を見る
解答:

問102

脳卒中のリハビリテーションで誤っている記述はどれか。

  1. 状態に関係なく直ちに開始する。
  2. 良肢位保持は拘縮を予防する。
  3. 健側肢の筋力強化を行う。
  4. 体位変換は褥瘡を予防する。
解答・解説を見る
解答:

問103

脳性麻痺の早期訓練開始の目的で誤っているのはどれか。

  1. 脳損傷の改善
  2. 二次的な知的発育遅滞の予防
  3. 関節拘縮の予防
  4. 正しい運動パターンの獲得
解答・解説を見る
解答:

問104

慢性関節リウマチのリハビリテーションで適切でないのはどれか。

  1. 巧緻動作訓練を行う。
  2. 強い抵抗運動を行う。
  3. 自助具を積極的に利用する。
  4. 疼痛軽減に物理療法を行う。
解答・解説を見る
解答:

問105

変形性膝関節症のリハビリテーションで適切でないのはどれか。

  1. 大腿四頭筋の強化
  2. ハムストリングのストレッチ
  3. 安静保持の厳守
  4. 標準体重の保持
解答・解説を見る
解答:

問106

脊髄損傷のリハビリテーションについて誤っている組合せはどれか。

  1. 斜面台 - 起立性低血圧の予防
  2. 弾性ストッキング - 骨萎縮の予防
  3. プッシュアップ - 移乗動作の獲得
  4. マット訓練 - 起居動作の獲得
解答・解説を見る
解答: