国家試験【あん摩マッサージ指圧師】過去問題

2000年(H12年)第8回 あん摩マッサージ指圧師国家試験

あん摩マッサージ指圧理論 (問題141〜150)

問141

あん摩施術で最初に行う手技はどれか。

  1. 軽擦法
  2. 揉捏法
  3. 圧迫法
  4. 運動法
解答・解説を見る
解答:

問142

按腹に適さない手技はどれか。

  1. ろとう揉捏
  2. 車手
  3. 手掌振せん
  4. 四肢圧迫
解答・解説を見る
解答:

問143

柳手と関連の深い手技はどれか。

  1. 振せん法
  2. 揉捏法
  3. 叩打法
  4. 強擦法
解答・解説を見る
解答:

問144

結合織マッサージの基本手技はどれか。

  1. 母指軽擦
  2. 擦過軽擦
  3. 環状軽擦
  4. 指髁軽擦
解答・解説を見る
解答:

問145

神経痛に対する神経伸展法で期待できる作用はどれか。

  1. 興奮作用
  2. 誘導作用
  3. 鎮静作用
  4. 矯正作用
解答・解説を見る
解答:

問146

マッサージの施術対象とならない疾患はどれか。

  1. 脳卒中後遺症
  2. 慢性胃炎
  3. 気管支喘息
  4. 大動脈瘤
解答・解説を見る
解答:

問147

施術と効果との組合せで誤っているのはどれか。

  1. あん摩 - 気血の循環改善
  2. マッサージ - リンパの循環促進
  3. 指圧 - 神経線維の増加
  4. 運動法 - 関節可動域の拡大
解答・解説を見る
解答:

問148

上腕二頭筋の過緊張に対し、拮抗抑制を目的に施術する筋はどれか。

  1. 上腕三頭筋
  2. 三角筋
  3. 上腕筋
  4. 烏口腕筋
解答・解説を見る
解答:

問149

キャノンの緊急反応において主要な役割をしているのはどれか。

  1. 小脳
  2. 下垂体
  3. 副腎皮質
  4. 交感神経
解答・解説を見る
解答:

問150

次の文に該当するのはどれか。 「生体は内外の環境変化によってその状態を変動させるが、ほぼ一定の範囲内に維持される。」

  1. ストレス学説
  2. ホメオスターシス
  3. 圧発汗反射
  4. レイリー現象
解答・解説を見る
解答: