国家試験【あん摩マッサージ指圧師】過去問題

2000年(H12年)第8回 あん摩マッサージ指圧師国家試験

病理学 (問題58~64)

問58

正しい組合せはどれか。

  1. 下垂体後葉 - 小人症
  2. 上皮小体 - クレチン病
  3. 副腎髄質 - クッシング症候群
  4. 甲状腺 - 粘液水腫
解答・解説を見る
解答:

問59

インスリン依存型糖尿病の特徴として適切でないのはどれか。

  1. 若年発症が多い。
  2. 肥満型が多い。
  3. 治療にインスリン注射が必要である。
  4. 膵ランゲルハンス島β細胞の破壊による。
解答・解説を見る
解答:

問60

炎症の化学的介助物質はどれか。

  1. サイロキシン
  2. ヒスタミン
  3. トロンビン
  4. レニン
解答・解説を見る
解答:

問61

免疫グロブリンの特徴として正しい記述はどれか。

  1. IgMは血中免疫グロブリンの大部分を占める。
  2. IgGは粘液中に最も多く存在する。
  3. IgAは感染の初期に現れる。
  4. IgEは花粉症の主役である。
解答・解説を見る
解答:

問62

第1 次治癒で治るのはどれか。

  1. 切創
  2. 挫傷
  3. 褥瘡
  4. 第3 度熱傷
解答・解説を見る
解答:

問63

不完全再生が行われるのはどれか。

  1. 神経膠組織
  2. 胃粘膜
  3. 心筋
  4. 子宮内膜
解答・解説を見る
解答:

問64

腫瘍について誤っている記述はどれか。

  1. 蜂巣構造は上皮性腫瘍にみられる。
  2. 腫瘍周囲の組織には萎縮がみられる。
  3. 早期癌は粘膜内癌である。
  4. 腫瘍細胞の大小不同は細胞分裂の異常による。
解答・解説を見る
解答: