国家試験【あん摩マッサージ指圧師】過去問題

2001年(H13年)第9回 あん摩マッサージ指圧師国家試験

あん摩マッサージ指圧理論 (問題141〜150)

問141

叩打法とその応用部位との組合せで誤っているのはどれか。

  1. 指頭叩打法 - 頭部
  2. 合掌打法 - 肩背部
  3. 環状叩打法 - 腹部
  4. 切打法 - 上肢
解答・解説を見る
解答:

問142

片手で行う揉捏法はどれか。

  1. 二指揉捏法
  2. 鋸切状揉捏法
  3. きりもみ状揉捏法
  4. ろとう揉捏法
解答・解説を見る
解答:

問143

マッサージの基本手技でないのはどれか。

  1. 間歇圧迫法
  2. 渦紋状強擦法
  3. 擦過軽擦法
  4. 母指揉捏法
解答・解説を見る
解答:

問144

急に離す圧法はどれか。

  1. 通常圧法
  2. 衝圧法
  3. 緩圧法
  4. 吸圧法
解答・解説を見る
解答:

問145

触圧刺激の情報が後索路を通らないのはどれか。

  1. 顔面部
  2. 前腕部
  3. 肩上部
  4. 腰部
解答・解説を見る
解答:

問146

手技による求心性の情報を伝えないのはどれか。

  1. Aβ線維
  2. Aδ線維
  3. Aγ線維
  4. C線維
解答・解説を見る
解答:

問147

軽擦法の作用で正しいのはどれか。

  1. 血液・リンパ循環を促進する。
  2. 病的滲出物を破砕吸収する。
  3. 皮下脂肪の減少を促進する。
  4. 靭帯の癒着をはがす。
解答・解説を見る
解答:

問148

手技の作用として誤っている記述はどれか。

  1. 圧迫法は持続的に行うと筋のけいれんを鎮静させる。
  2. 振せん法は神経系の機能を亢進させる。
  3. 揉捏法は筋の新陳代謝を亢進させる。
  4. 叩打法は弱く短く行うと神経系の機能を抑制させる。
解答・解説を見る
解答:

問149

内臓疾患の際、腰部の筋に過緊張を起こす反射の遠心路はどれか。

  1. 知覚神経
  2. 運動神経
  3. 交感神経
  4. 副交感神経
解答・解説を見る
解答:

問150

サイバネティックスの学説に関係するのはどれか。

  1. 恒常性
  2. ストレス
  3. 副交感神経
  4. フィードバック
解答・解説を見る
解答: