国家試験【あん摩マッサージ指圧師】過去問題

2002年(H14年)第10回 あん摩マッサージ指圧師国家試験

あん摩マッサージ指圧理論 (問題141〜150)

問141

あん摩の手技とその作用との組合せで誤っているのはどれか。

  1. 軽擦法 ― そう快感を与える。
  2. 揉捏法 ― 筋の疲労を回復させる。
  3. 間歇圧迫法 ― 筋の機能を高める。
  4. 叩打法 ― 関節可動域を拡大する。
解答・解説を見る
解答:
3,4

問142

古法あん摩の腹診で「腹全体に力なく皮膚がざらつく。」のはどれか。

  1. 食痞の腹
  2. 癪聚の腹
  3. 血塊の腹
  4. 虚人の腹
解答・解説を見る
解答:

問143

マッサージの基本手技で手掌面を用いないのはどれか。

  1. 揉捏法
  2. 叩打法
  3. 強擦法
  4. 振せん法
解答・解説を見る
解答:

問144

強擦法について誤っているのはどれか。

  1. 筋力を増強する。
  2. 関節部に応用する。
  3. 軽擦法と揉捏法との複合手技である。
  4. 制限された関節可動域を改善する。
解答・解説を見る
解答:

問145

僧帽筋に対する手技で適切でないのはどれか。

  1. 手掌軽擦法
  2. きりもみ状揉捏法
  3. 突手
  4. 合掌打法
解答・解説を見る
解答:

問146

手技による消化管機能の亢進作用で適切でないのはどれか。

  1. 蠕動運動の亢進
  2. 交感神経活動の亢進
  3. 消化酵素の分泌増加
  4. 栄養の吸収促進
解答・解説を見る
解答:

問147

結合織マッサージについて誤っている記述はどれか。

  1. 創始者はディッケである。
  2. 手技により皮膚に波状のしわが現れる。
  3. 基本手技は二指揉捏法である。
  4. 皮下結合組織に牽引刺激を与える。
解答・解説を見る
解答:

問148

手技の治療的作用と症状との組合せで誤っているのはどれか。

  1. 興奮作用 ― 知覚鈍麻
  2. 鎮静作用 ― 神経痛
  3. 反射作用 ― 便秘
  4. 矯正作用 ― 関節の腫脹
解答・解説を見る
解答:

問149

筋力1 で行う運動法はどれか。

  1. 他動運動法
  2. 自動介助運動法
  3. 自動運動法
  4. 抵抗運動法
解答・解説を見る
解答:

問150

サイバネティックスの語源はどれか。

  1. 制御と通信
  2. 恒常性
  3. 閉回路
  4. 舵取り
解答・解説を見る
解答: