国家試験【あん摩マッサージ指圧師】過去問題

2002年(H14年)第10回 あん摩マッサージ指圧師国家試験

リハビリテーション医学 (問題97~106)

問97

運動障害について誤っている組合せはどれか。

  1. 錐体路障害 ― 痙性麻療
  2. 錐体外路障害 ― 不随意運動
  3. 脊髄損傷 ― 固縮
  4. 末梢神経損傷 ― 弛緩性麻療
解答・解説を見る
解答:

問98

肩関節の運動方向で誤っているのはどれか。

  1. 伸展
  2. 外転
  3. 内旋
  4. 外反
解答・解説を見る
解答:

問99

医療ソーシャルワーカーが行うのはどれか。

  1. 社会資源を紹介し活用する。
  2. 障害児への特殊教育を行う。
  3. 職業的リハビリテーションを行う。
  4. 応用動作訓練を行う。
解答・解説を見る
解答:

問100

立位時に生理的にみられないのはどれか。

  1. 頸椎前弯
  2. 腰椎後弯
  3. 膝関節外反
  4. 足のアーチ
解答・解説を見る
解答:

問101

脳卒中患者の杖歩行で誤っている記述はどれか。

  1. 杖は健側で持つ。
  2. 杖の次に健側下肢を前に出す。
  3. 初期は4 支点杖が安全である。
  4. 上達すると揃え型から前型になる。
解答・解説を見る
解答:

問102

脳卒中患者の二次合併症はどれか。

  1. 言語障害
  2. 運動麻療
  3. 関節拘縮
  4. 排泄障害
解答・解説を見る
解答:

問103

慢性関節リウマチの自助具として適切でないのはどれか。

  1. 柄の短い歯ブラシ
  2. 握りの太いスプーン
  3. 柄の直角なフォーク
  4. てこを応用した蛇口ひねり
解答・解説を見る
解答:

問104

骨折について誤っている記述はどれか。

  1. 介達牽引は皮膚に絆創膏を巻きつけ、その上から牽引する。
  2. 直達牽引は骨に鋼線を刺入して牽引する。
  3. ギプス固定中も等尺性筋力強化を行う。
  4. 関節可動域訓練は骨癒合が完成してから行う。
解答・解説を見る
解答:
1,4

問105

頚髄損傷のリハビリテーションで誤っている記述はどれか。

  1. C4 損傷では電動車椅子を用いる。
  2. C4 損傷ではプッシュアップが可能となる。
  3. C6 損傷では寝返りが可能となる。
  4. C6 損傷では坐位保持が可能となる。
解答・解説を見る
解答:

問106

腰痛の治療で適切でない記述はどれか。

  1. 急性期には間歇牽引を行う。
  2. 持続牽引は6~8kg の重錘で行う。
  3. 温熱療法は筋肉のスパズムを除く効果がある。
  4. 運動療法は腹筋の強化を行う。
解答・解説を見る
解答: