国家試験【あん摩マッサージ指圧師】過去問題

2002年(H14年)第10回 あん摩マッサージ指圧師国家試験

東洋医学概論 (問題107~116)

問107

東洋医学の用語についての記述で誤っているのはどれか。

  1. 臓とは中腔臓器のことである。
  2. 虚とは正気の不足した状態である。
  3. 証とは治療方針を示した症状群である。
  4. 実の体質とは一般に体力のある人である。
解答・解説を見る
解答:

問108

五行色体で精神状態を診るのはどれか。

  1. 五悪
  2. 五志
  3. 五横
  4. 五主
解答・解説を見る
解答:

問109

「名のみありて、形なし」と記されている臓腑はどれか。

  1. 三焦
  2. 大腸
解答・解説を見る
解答:

問110

五臓と五悪との組合せで正しいのはどれか。

  1. 心 ─ 湿
  2. 脾 ─ 暑
  3. 肺 ─ 風
  4. 腎 ─ 寒
解答・解説を見る
解答:
なし

問111

五臓とその機能との組合せで誤っているのはどれか。

  1. 肝 ― 統血
  2. 脾 ― 運化
  3. 肺 ― 宣散
  4. 腎 ― 納気
解答・解説を見る
解答:

問112

先天の原気を宿すのはどれか。

解答・解説を見る
解答:

問113

実痛はどれか。

  1. 温めると痛みは和らぐ。
  2. 押えると気持ちが良い。
  3. 冷やすと心地良い。
  4. 痛みは鈍く持続性である。
解答・解説を見る
解答:

問114

問診で診るのはどれか。

  1. 脈状
  2. 声の変化
  3. 排泄物の色
  4. 悪寒発熱
解答・解説を見る
解答:

問115

五臓の腹診で肺の臓を診る部位はどれか。

  1. 臍の左
  2. 臍の右
  3. 臍の上
  4. 臍の下
解答・解説を見る
解答:

問116

問診で診るのはどれか。

  1. 顔色が赤い。
  2. 声に張りがある。
  3. 甘いものを好む。
  4. 脈が速い。
解答・解説を見る
解答: