国家試験【あん摩マッサージ指圧師】過去問題

2003年(H15年)第11回 あん摩マッサージ指圧師国家試験

あん摩マッサージ指圧理論 (問題141〜150)

問141

軽擦法の種類と施術部位との組合せで適切でないのはどれか。

  1. 手掌軽擦法 ― 背部
  2. 四指軽擦法 ― 頭部
  3. 指髁軽擦法 ― 顔面
  4. 二指軽擦法 ― 手指
解答・解説を見る
解答:

問142

強擦法について誤っているのはどれか。

  1. マッサージに特有な基本手技
  2. 軽擦法と圧迫法の複合手技
  3. 主に関節部に応用する手技
  4. 軟部組織の癒着の治療に用いる手技
解答・解説を見る
解答:

問143

骨格筋に対する揉捏法の作用で適切でないのはどれか。

  1. 新陳代謝の促進
  2. 筋力の強化
  3. 筋緊張の緩和
  4. 筋疲労の除去
解答・解説を見る
解答:

問144

手技と治療対象との組合せで正しいのはどれか。

  1. 持続圧迫法 ― 坐骨神経痛
  2. うずまき状強擦法 ― 腓腹筋けいれん
  3. 環状叩打法 ― 顔面神経麻痺
  4. 矯正法 ― 胃下垂
解答・解説を見る
解答:

問145

膝関節の水腫に対する大腿部へのマッサージの目的はどれか。

  1. 誘導作用
  2. 矯正作用
  3. 興奮作用
  4. 鎮静作用
解答・解説を見る
解答:

問146

マッサージの刺激量を決定する要因でないのはどれか。

  1. 手技の選択
  2. 力の強弱
  3. 施術者の体格
  4. 時間の長短
解答・解説を見る
解答:

問147

振せん法によって興奮する受容器のうち適切でないのはどれか。

  1. ルフィニ小体
  2. マイスナー小体
  3. パチニ小体
  4. 高閾値機械受容器
解答・解説を見る
解答:

問148

温罨法が適するのはどれか。

  1. 乳癌
  2. 乳頭炎
  3. 乳腺炎
  4. 乳汁分泌不全
解答・解説を見る
解答:

問149

内臓疾患の際に筋緊張を起こす機序はどれか。

  1. 内臓―内臓反射
  2. 内臓一体性反射
  3. 体性―内臓反射
  4. 軸索反射
解答・解説を見る
解答:

問150

ホメオスタシスについて誤っている記述はどれか。

  1. 生体の恒常性維持をいう。
  2. 生命維持の重要な担い手である。
  3. 大脳皮質による調節系である。
  4. 内分泌系が関与する。
解答・解説を見る
解答: