国家試験【あん摩マッサージ指圧師】過去問題

2003年(H15年)第11回 あん摩マッサージ指圧師国家試験

病理学 (問題58~64)

問58

加齢による骨萎縮が早く高度に出現するのはどれか。

  1. 上腕骨
  2. 頸椎
  3. 腰椎
  4. 脛骨
解答・解説を見る
解答:

問59

脂質代謝異常に基づく疾患はどれか。

  1. アテローム硬化症
  2. アミロイドーシス
  3. 痛風
  4. 尿毒症
解答・解説を見る
解答:

問60

完全再生するのはどれか。

  1. びらん
  2. 褥瘡
  3. 挫傷
  4. 骨折
解答・解説を見る
解答:

問61

ショックの原因に最もなりにくいのはどれか。

  1. 熱傷
  2. 心筋梗塞
  3. 敗血症
  4. 急性糸球体腎炎
解答・解説を見る
解答:

問62

肉芽腫を形成しないのはどれか。

  1. 結核
  2. 梅毒
  3. 淋病
  4. ハンセン病
解答・解説を見る
解答:

問63

化膿性炎の浸出物中に最も多く含まれている細胞はどれか。

  1. リンパ球
  2. 形質細胞
  3. マクロファージ
  4. 好中球
解答・解説を見る
解答:

問64

癌の発生頻度の低いのはどれか。

  1. 十二指腸
  2. 空腸
  3. 結腸
  4. 直腸
解答・解説を見る
解答: