国家試験【あん摩マッサージ指圧師】過去問題

2004年(H16年)第12回 あん摩マッサージ指圧師国家試験

あん摩マッサージ指圧理論 (問題141〜150)

問141

マッサージの施術方法で誤っているのはどれか。

  1. 血液・リンパの還流を促すように行う。
  2. 筋肉を十分弛緩させて行う。
  3. 衣服の上から行う。
  4. 求心性に行う。
解答・解説を見る
解答:

問142

腹部に行う手技で最も多く用いられるのはどれか。

  1. ろとう揉捏法
  2. きりもみ状揉捏法
  3. 母指揉捏法
  4. 二指揉捏法
解答・解説を見る
解答:

問143

小指側で行う叩打法はどれか。

  1. 空気(宿気)打法
  2. 切打法
  3. 環状叩打法
  4. 拍打法
解答・解説を見る
解答:

問144

古法の按腹における腹証で、心窩部に硬結があるのはどれか。

  1. 虚人の腹
  2. 脚気の腹
  3. 血塊の腹
  4. 苦労の腹
解答・解説を見る
解答:

問145

競技後の筋疲労を回復させるマッサージの効果はどれか。

  1. 血管の収縮を促す。
  2. 筋の興奮性を高める。
  3. 乳酸の代謝を促す。
  4. 皮下脂肪の吸収を促す。
解答・解説を見る
解答:

問146

治療目的について誤っている組合せはどれか。

  1. 関節水腫(水症) ― 誘導作用
  2. 腓腹筋けいれん ― 興奮作用
  3. 胃アトニー ― 反射作用
  4. 肋間神経痛 ― 鎮静作用
解答・解説を見る
解答:

問147

あん摩マッサージ指圧施術で出現する好ましくない反応はどれか。

  1. 施術中の睡眠
  2. 空腹感の発現
  3. 便意の訴え
  4. 翌日の筋肉痛
解答・解説を見る
解答:

問148

骨折の発生に最も注意しなければならないのはどれか。

  1. 吸圧法
  2. 衝圧法
  3. 持続圧法
  4. 緩圧法
解答・解説を見る
解答:

問149

触圧覚に関与しないのはどれか。

  1. Aγ線維
  2. 視 床
  3. マイスネル小体
  4. 中心後回
解答・解説を見る
解答:

問150

多様な刺激に対する生体反応で、下垂体-副腎皮質系の重要性を指摘しているのはどれか。

  1. サイバネティックス
  2. ストレス学説
  3. ホメオスタシス
  4. 緊急反応
解答・解説を見る
解答: