国家試験【あん摩マッサージ指圧師】過去問題

2005年(H17年)第13回 あん摩マッサージ指圧師国家試験

病理学 (問題58~64)

問58

病因のうち外因に属するのはどれか。

  1. 素因
  2. 遺伝
  3. 感染
  4. 免疫
解答・解説を見る
解答:

問59

催奇形因子として最も関連の低いのはどれか。

  1. 風 疹
  2. 糖尿病
  3. ダイオキシン
  4. ビタミンC
解答・解説を見る
解答:

問60

加齢に伴う変化で誤っているのはどれか。

  1. 臓器の実質細胞数の減少
  2. 間質組織の硬化
  3. 軟骨・骨組織の再生
  4. 消耗色素の蓄積
解答・解説を見る
解答:

問61

肺からの出血に最も関連のある症状はどれか。

  1. 吐血
  2. 喀血
  3. 下血
  4. 血尿
解答・解説を見る
解答:

問62

浮腫の成因として最も関連の低いのはどれか。

  1. 血小板減少症
  2. 低アルブミン血症
  3. うっ血性心不全
  4. ネフロ-ゼ症候群
解答・解説を見る
解答:

問63

肉芽組織の構成成分でないのはどれか。

  1. 上皮細胞
  2. 貪食細胞
  3. 血管内皮細胞
  4. 線維芽細胞
解答・解説を見る
解答:

問64

我が国のがん統計について誤っている記述はどれか。

  1. 男性がん死亡率は肺癌が最も高い。
  2. 女性がん死亡率は子宮癌が最も高い。
  3. 前立腺癌罹患率は増加傾向にある。
  4. 乳癌罹患率は増加傾向にある。
解答・解説を見る
解答: