国家試験【あん摩マッサージ指圧師】過去問題

2006年(H18年)第14回 あん摩マッサージ指圧師国家試験

臨床医学各論 (問題76~94)

問76

破傷風について誤っている記述はどれか。

  1. 病原体は土壌中に存在する。
  2. 外傷後の発症が多い。
  3. 内毒素により発症する。
  4. 筋肉のけいれんが特徴である。
解答・解説を見る
解答:

問77

疾患と症状との組合せで適切でないのはどれか。

  1. 十二指腸潰瘍 ― 心窩部痛
  2. 急性虫垂炎 ― 右下腹部痛
  3. 胆石症 ― 左肩放散痛
  4. 汎発性腹膜炎 ― 反跳痛
解答・解説を見る
解答:

問78

肺結核について正しい記述はどれか。

  1. 接触感染が多い。
  2. 感染後の発病率は60%以上である。
  3. 初発症状は高熱が多い。
  4. 診断には喀痰培養が有用である。
解答・解説を見る
解答:

問79

閉塞性換気障害をきたすのはどれか。

  1. 肺気腫
  2. 肺線維症
  3. 気胸
  4. 急性気管支炎
解答・解説を見る
解答:

問80

気管支喘息の症状として適切でないのはどれか。

  1. 咳嗽
  2. 吸気の延長
  3. 起坐呼吸
  4. 喘鳴
解答・解説を見る
解答:

問81

慢性腎不全の原因として最も多いのはどれか。

  1. 糖尿病
  2. 腎硬化症
  3. 嚢胞腎
  4. 痛風
解答・解説を見る
解答:

問82

基礎代謝率が亢進するのはどれか。

  1. シーハン症候群
  2. 巨人症
  3. 褐色細胞腫
  4. クッシング症候群
解答・解説を見る
解答:

問83

いわゆる五十肩について誤っている記述はどれか。

  1. 結帯動作が困難である。
  2. 夜間痛がある。
  3. 40~60 歳代に好発する。
  4. 治療にデゾー包帯を使う。
解答・解説を見る
解答:

問84

小児の肘関節周辺骨折について誤っている記述はどれか。

  1. 上腕骨顆上骨折の頻度が高い。
  2. 上腕骨外顆骨折では手術の適応が多い。
  3. フォルクマン拘縮は重篤な合併症である。
  4. 肘関節拘縮には強力に変形矯正を行う。
解答・解説を見る
解答:

問85

右心室肥大をきたすのはどれか。

  1. 心内膜症
  2. 大動脈弁狭窄症
  3. 狭心症
  4. 肺性心
解答・解説を見る
解答:

問86

貧血について誤っている組合せはどれか。

  1. 悪性貧血 ― ビタミンB12 欠乏
  2. 鉄欠乏性貧血 ― 総鉄結合能低下
  3. 溶血性貧血 ― 黄疸
  4. 再生不良性貧血 ― 骨髄の造血細胞減少
解答・解説を見る
解答:

問87

脾腫をきたす疾患はどれか。

  1. 血友病
  2. 溶血性貧血
  3. 鉄欠乏性貧血
  4. 再生不良性貧血/li>
解答・解説を見る
解答:

問88

神経疾患と症状との組合せで正しいのはどれか。

  1. 髄膜炎 ― 項部硬直
  2. 進行性筋ジストロフィー ― 自律神経障害
  3. 脊髄空洞症 ― 眼球運動障害
  4. ウイルソン病 ― 視神経萎縮
解答・解説を見る
解答:

問89

筋萎縮性側索硬化症で最も認めにくいのはどれか。

  1. 膀胱直腸障害
  2. 構音障害
  3. 舌萎縮
  4. 筋線維束攣縮
解答・解説を見る
解答:

問90

ギラン・バレー症候群について誤っている記述はどれか。

  1. 脱髄性疾患である。
  2. 四肢の脱力をきたす。
  3. 深部腱反射は低下する。
  4. 寛解と再燃を繰り返す。
解答・解説を見る
解答:

問91

関節リウマチの症状でないのはどれか。

  1. 朝のこわばり
  2. 蝶形紅斑
  3. 対称性の関節腫脹
  4. 皮下結節
解答・解説を見る
解答:

問92

全身麻酔はどれか。

  1. 脊髄麻酔
  2. 静脈麻酔
  3. 表面麻酔
  4. 伝達麻酔
解答・解説を見る
解答:

問93

視神経炎の原因でないのはどれか。

  1. 多発性硬化症
  2. ビタミンB1 欠乏症
  3. 高脂血症
  4. アルコール中毒
解答・解説を見る
解答:

問94

心身症と関連の少ないのはどれか。

  1. 慢性膵炎
  2. 消化性潰瘍
  3. 胆道ジスキネジア
  4. 過敏性腸症候群
解答・解説を見る
解答: