国家試験【あん摩マッサージ指圧師】過去問題

2008年(H20年)第16回 あん摩マッサージ指圧師国家試験

あん摩マッサージ指圧理論 (問題141〜150)

問141

腰背部に行う手技で適切でないのはどれか。

  1. 母指圧迫法
  2. きりもみ状揉捏
  3. 宿気打法
  4. 車 手
解答・解説を見る
解答:

問142

両母指揉捏を行う筋として適切でないのはどれか。

  1. 総指伸筋
  2. 前脛骨筋
  3. 脊柱起立筋
  4. 腹直筋
解答・解説を見る
解答:

問143

結合織マッサージと関係のないのはどれか。

  1. 吸引圧法
  2. 擦過軽擦
  3. カギ形軽擦
  4. 皮膚牽引法
解答・解説を見る
解答:

問144

指圧の成立過程に関係しなかった手技療法はどれか。

  1. 古法按摩
  2. 導 引
  3. リンパドレナージ
  4. カイロプラクティック
解答・解説を見る
解答:

問145

関節モビリゼーションについて正しいのはどれか。

  1. 筋緊張の亢進
  2. 関節運動の回復
  3. 脊椎の矯正
  4. 滑液の分泌抑制
解答・解説を見る
解答:

問146

あん摩・マッサージ・指圧治療の禁忌はどれか。

  1. 内臓下垂
  2. 習慣性便秘
  3. 慢性胃炎
  4. 腹膜炎
解答・解説を見る
解答:

問147

あん摩施術前の準備として適切でないのはどれか。

  1. 擦式手指消毒をする。
  2. 手指を湿らせる。
  3. 清潔な白衣を着る。
  4. 爪を短く切る。
解答・解説を見る
解答:

問148

長期臥床の高齢者に対する訪問マッサージで最も期待できる効果はどれか。

  1. 関節拘縮の改善
  2. 認知症の改善
  3. 嚥下機能の回復
  4. 摂食自立への援助
解答・解説を見る
解答:

問149

施術と効果との組合せで誤っているのはどれか。

  1. あん摩 ――――― 疲労の回復
  2. マッサージ ――― リンパ液の循環促進
  3. 指 圧 ――――― 筋力の増強
  4. 運動法 ――――― 関節可動域の拡大
解答・解説を見る
解答:

問150

圧自律神経反射に関与しないのはどれか。

  1. マイスネル小体
  2. Aβ線維
  3. 脊髄前角細胞
  4. 交感神経
解答・解説を見る
解答: