国家試験【あん摩マッサージ指圧師】過去問題

2008年(H20年)第16回 あん摩マッサージ指圧師国家試験

病理学 (問題50~56)

問50

血栓を形成する条件として適切でないのはどれか。

  1. 血管壁の障害
  2. 血流速度の低下
  3. 血液粘度の増加
  4. 血液量の増加
解答・解説を見る
解答:

問51

塞栓症について誤っている記述はどれか。

  1. 血液に溶解しない物質が小血管に閉塞した状態である。
  2. 最も多いのは脂肪塞栓症である。
  3. 動脈性塞栓症は脳に生じやすい。
  4. 局所の変性壊死の原因にな
解答・解説を見る
解答:

問52

代謝疾患と病因との組合せで誤っているのはどれか。

  1. 脂肪肝 ― アルコール過剰摂取
  2. 粥状硬化症 ― コレステロール沈着
  3. 糖尿病 ― インスリン分泌異常
  4. アミロイドーシス ― グリコーゲン代謝異常
解答・解説を見る
解答:

問53

再生能力が最も低い組織はどれか。

  1. 末梢神経
  2. 皮 膚
  3. 軟 骨
  4. 心 筋
解答・解説を見る
解答:

問54

肺結核症について誤っている記述はどれか。

  1. 粟粒結核は結核菌のリンパ行性散布によって起こる。
  2. 初感染後、ツベルクリン反応が陽転する
  3. 結核結節は乾酪壊死を伴った肉芽腫形成を特徴とする。
  4. 自然感染は飛沫感染によって起こる。
解答・解説を見る
解答:

問55

自己免疫疾患でないのはどれか。

  1. 関節リウマチ
  2. シェーグレン症候群
  3. ターナー症候群
  4. 全身性エリテマトーデス
解答・解説を見る
解答:

問56

近年、我が国で死亡者数が減少している悪性新生物の発生臓器はどれか。

  1. 乳 房
  2. 大 腸
解答・解説を見る
解答: