国家試験【あん摩マッサージ指圧師】過去問題

2008年(H216年)第20回 あん摩マッサージ指圧師国家試験

臨床医学各論 (問題69~90)

問69

ウイルス感染症はどれか。

  1. ジフテリア
  2. 破傷風選択
  3. パラチフス
  4. 流行性耳下腺炎
解答・解説を見る
解答:

問70

胃潰瘍の発症因子となりにくいのはどれか。

  1. 胃 酸
  2. 胆 汁
  3. へリコバクター・ピロリ
  4. 消炎鎮痛薬
解答・解説を見る
解答:

問71

急性虫垂炎の初期にみられるのはどれか。

  1. 心窩部痛
  2. 左下腹部痛
  3. 右上背部痛選択
  4. 右季肋部痛
解答・解説を見る
解答:

問72

この患者でみられるのはどれか。

  1. 眼球突出
  2. 精神鈍麻
  3. 心房細動
  4. 四肢麻痺
解答・解説を見る
解答:

問73

この患者で摂取不足が最も考えられるのはどれか。

  1. 亜 鉛
  2. プリン体
  3. ヨウ素
解答・解説を見る
解答:

問74

最も考えられる疾患はどれか。

  1. 重症筋無力症
  2. 周期性四肢麻痺
  3. 筋萎縮性側索硬化症選択
  4. 進行性筋ジストロフィー症
解答・解説を見る
解答:

問75

障害部位はどこか。

  1. 大脳運動野
  2. 脊髄前角
  3. 神経筋接合部
  4. 骨格筋線維
解答・解説を見る
解答:

問76

低蛋白血症がみられるのはどれか。

  1. 甲状腺機能低下症
  2. 多発性骨髄腫
  3. 肝硬変
  4. クインケ浮腫
解答・解説を見る
解答:

問77

慢性膵炎の症状でないのはどれか。

  1. 脂肪便
  2. 背部痛
  3. 体重減少
  4. 低血糖
解答・解説を見る
解答:

問78

マイコプラズマ肺炎について誤っている記述はどれか。

  1. 若年者に多い。
  2. 周期的な流行がある。
  3. 頑固な咳が続く。
  4. 肺化膿症を合併する。
解答・解説を見る
解答:

問79

肺気腫について誤っている記述はどれか。

  1. 中年以降に多い。
  2. 喫煙が誘因となる。
  3. 太い気管支壁が破壊される。
  4. ビール樽状の胸郭がみられる。
解答・解説を見る
解答:

問80

喫煙者に起こりやすい健康障害で誤っているのはどれか。

  1. 肺 癌
  2. 慢性気管支炎
  3. 鉄欠乏性貧血
  4. 冠動脈疾患
解答・解説を見る
解答:

問81

クレチン症でみられるのはどれか。

  1. 精神発達遅延
  2. 手指振戦
  3. 頻 脈
  4. 多 汗
解答・解説を見る
解答:

問82

ビタミンと欠乏症との組合せで正しいのはどれか。

  1. ビタミンA ――― 巨赤芽球性貧血
  2. ビタミンD ――― くる病
  3. ビタミンE ――― 壊血病
  4. ビタミンK ――― 夜盲症
解答・解説を見る
解答:

問83

骨肉腫について誤っている記述はどれか。

  1. 高齢者に多い。
  2. 膝関節近くに好発する。
  3. 局所の腫脹・疼痛を起こす。
  4. 下肢切断術が行われる。
解答・解説を見る
解答:

問84

手の腱鞘炎について誤っている記述はどれか。

  1. 反復する物理的刺激により起こる。
  2. ドゥ・ケルバン病は手関節尺側に起こる。
  3. ばね指の原因となる。
  4. 局所の圧痛を認める。
解答・解説を見る
解答:

問85

腰椎椎間板ヘルニアの症状でないのはどれか。

  1. 腰 痛
  2. 坐骨神経痛
  3. 足クローヌス
  4. 下肢の感覚障害
解答・解説を見る
解答:

問86

白血病の症状でないのはどれか。

  1. 振 戦
  2. 発 熱
  3. 皮下出血
  4. リンパ節腫脹
解答・解説を見る
解答:

問87

全身性硬化症について正しいのはどれか。

  1. 男性に多い。
  2. 嚥下困難をきたす。
  3. レイノー現象はみられない。
  4. 肺線維症を合併しない。
解答・解説を見る
解答:

問88

接触性皮膚炎について誤っている記述はどれか。

  1. 原因物質の接触部位に湿疹病変が認められる。
  2. 発赤・腫脹が著しい。
  3. 原因物質の除去で急性病変は治癒に向かう。
  4. Ⅰ型アレルギー反応である。
解答・解説を見る
解答:

問89

ブドウ膜炎をきたすのはどれか。

  1. シェーグレン症候群
  2. プール熱
  3. ベーチェット病
  4. トラコーマ
解答・解説を見る
解答:

問90

強迫神経症に特徴的な症状はどれか。

  1. 外界が生き生きと感じられない。
  2. 何度も戸締まりを確認する。
  3. -人で電車に乗ることができない。
  4. 物事に集中できない。
解答・解説を見る
解答: