国家試験【あん摩マッサージ指圧師】過去問題

2008年(H20年)第16回 あん摩マッサージ指圧師国家試験

東洋医学概論 (問題101~109)

問101

陰陽消長を示すのはどれか。

  1. 朝方と夕方
  2. 太陽と月
  3. 男と女
  4. 左と右
解答・解説を見る
解答:

問102

相剋関係について正しい記述はどれか。

  1. 胆は大腸を剋する。
  2. 小腸は膀胱を剋する。
  3. 肝は脾を剋する。
  4. 心は腎を剋する。
解答・解説を見る
解答:

問103

五行の木に属するのはどれか。

  1. 黄(五色)
  2. 臊(五香)
  3. 魄(五精)
  4. 鹹(五味)
解答・解説を見る
解答:

問104

大腸について正しいのはどれか。

  1. 糟粕の伝化
  2. 清濁の分別
  3. 第10 胸椎に付着
  4. 納気作用
解答・解説を見る
解答:

問105

津液が汗や尿に変化する作用はどれか。

  1. 推動作用
  2. 温煦作用
  3. 固摂作用
  4. 気化作用
解答・解説を見る
解答:

問106

外因のうちで陰性の邪はどれか。

  1. 風 邪
  2. 暑 邪
  3. 湿 邪
  4. 燥 邪
解答・解説を見る
解答:

問107

五臓の生理機能について誤っている記述はどれか。

  1. 肝は疏泄を主る。
  2. 心は血脈を主る。
  3. 肺は皮毛を主る。
  4. 腎は統血を主る。
解答・解説を見る
解答:

問108

腎虚の腹証はどれか。

  1. 心下痞鞕
  2. 胸脇苦満
  3. 小腹急結
  4. 小腹不仁
解答・解説を見る
解答:

問109

嗅覚によって診る方法はどれか。

  1. 望 診
  2. 聞 診
  3. 問 診
  4. 切 診
解答・解説を見る
解答: