国家試験【あん摩マッサージ指圧師】過去問題

2010年(H22年)第18回 あん摩マッサージ指圧師国家試験

臨床医学総論 (問題57~71)

問57

上位運動ニューロン徴候でないのはどれか。

  1. 痙性麻痺
  2. 筋萎縮
  3. 病的反射陽性
  4. 深部腱反射亢進
解答・解説を見る
解答:
2

問58

うつ病患者との面接で適切でないのはどれか。

  1. 傾聴する。
  2. 励ます。
  3. 共感する。
  4. 要約する。
解答・解説を見る
解答:
2

問59

歩行異常と疾患との組合せで正しいのはどれか。

  1. 動揺性歩行 ― 多発性神経炎
  2. 痙性歩行  ― 筋ジストロフィー症
  3. 鶏 歩― 胸髄部脊髄腫瘍 
  4. 突進現象  ― パーキンソン病
解答・解説を見る
解答:
4

問60

骨折とその説明で誤っている記述はどれか。

  1. 疲労骨折は小さな外力が連続的に作用して起こる。
  2. 病的骨折は治癒が早期に起こる。
  3. 不完全骨折は骨の連続性が保たれている。 
  4. 開放骨折は骨折部と外界との交通がある。
解答・解説を見る
解答:
2

問61

脾腫をきたすのはどれか。

  1. 慢性膵炎
  2. 肝硬変
  3. 胆嚢炎
  4. 腎硬化症
解答・解説を見る
解答:
2

問62

血清アミラーゼが上昇する疾患はどれか。

  1. 耳下腺炎
  2. 肝硬変
  3. 心筋梗塞
  4. 大腸癌
解答・解説を見る
解答:
1

問63

リンパ節腫脹をきたさないのはどれか。

  1. 伝染性単核球症
  2. 梅 毒
  3. 白血病
  4. メニエール病
解答・解説を見る
解答:
4

問64

貧血をきたす疾患はどれか。

  1. パーキンソン病
  2. 高血圧症
  3. 全身性エリテマトーデス
  4. 高脂血症
解答・解説を見る
解答:
3

問65

白血球数が減少する疾患はどれか。

  1. 悪性貧血
  2. 甲状腺機能亢進症
  3. 再生不良性貧血
  4. 糖尿病
解答・解説を見る
解答:
3

問66

浮腫をきたさない疾患はどれか。

  1. 肝硬変
  2. 心不全
  3. 甲状腺機能亢進症
  4. 腎不全
解答・解説を見る
解答:
3

問67

視診と疾患との組合せで正しいのはどれか。

  1. 太鼓ばち指  ― 肺気腫
  2. チアノーゼ  ― 僧帽弁閉鎖不全症
  3. 赤色皮膚線条 ― アジソン病
  4. 色素沈着― クッシング症候群
解答・解説を見る
解答:
1

問68

伝音声難聴で正しい記述はどれか。

  1. 老人性の難聴に多い。  
  2. コルチ器官の異常で生じる。
  3. 聴神経腫瘍が原因となる。
  4. 補聴器の使用が有用である。
解答・解説を見る
解答:
4

問69

片頭痛発作時の対応で適切でないのはどれか。

  1. 暗い静かな部屋で安静にする。
  2. 痛いところを冷やす。
  3. 入浴する。
  4. ひと眠りする。
解答・解説を見る
解答:
3

問70

心身症について正しい記述はどれか。

  1. 身体症状を伴った神経症をいう。 
  2. 発症には心理社会的因子が関与する。
  3. 感情を素直に表現する人に発症しやすい。
  4. 身体と心を別々に治療することが重要である。
解答・解説を見る
解答:
2

問71

肩関節周囲炎について適切でない記述はどれか。

  1. 帯を結ぶのが困難となる。 
  2. 有痛弧徴候(ペインフルアークサイン)がみられる。
  3. ライトテストが陽性となる。
  4. 上腕二頭筋長頭筋腱に圧痛がみられる。
解答・解説を見る
解答:
3