国家試験【あん摩マッサージ指圧師】過去問題

2010年(H22年)第18回 あん摩マッサージ指圧師国家試験

東洋医学概論 (問題101~110)

問101

陰に属するのはどれか。

  1. 外 側
  2. 背 部
解答・解説を見る
解答:
2

問102

真気の作用のうち「汗や尿がむやみに漏れ出るのを防ぐ」のはどれか。

  1. 気化作用
  2. 固摂作用
  3. 推動作用
  4. 防御作用
解答・解説を見る
解答:
2

問103

胆を剋する腑の生理作用はどれか。

  1. 糟粕の伝化
  2. 水穀の受納
  3. 津液の輸布
  4. 清濁の分別
解答・解説を見る
解答:
1

問104

風邪について誤っているのはどれか。

  1. 陽の邪気である。
  2. 百病の長といわれる。
  3. 下部を犯す。
  4. 衛気を犯す。
解答・解説を見る
解答:
3

問105

八綱弁証で表証の症状でないのはどれか。

  1. 浮 脈
  2. 悪 寒
  3. 下 痢
  4. 発 汗
解答・解説を見る
解答:
3

問106

身体がだるく、痩せ、内臓下垂が起こるのはどの臓腑の病証か。

解答・解説を見る
解答:
1

問107

側頭部の痛みを訴える病証に関係する経脈の絡穴はどれか。

  1. 足三里
  2. 陽陵泉
  3. 光 明
  4. 豊 隆
解答・解説を見る
解答:
3

問108

肝経の経脈病証の症状はどれか。

  1. 後頭部の痛み
  2. 喉の痛み
  3. 腋の腫れ
  4. 陰嚢の痛み
解答・解説を見る
解答:
4

問109

聞診で診るのはどれか。

  1. 耳鳴りがする。
  2. よくしゃべる。
  3. 眠れない。
  4. 食欲がない。
解答・解説を見る
解答:
2

問110

六部定位脈診で右手関上の浮の部で診るのはどれか。

  1. 心 包
解答・解説を見る
解答:
1