国家試験【あん摩マッサージ指圧師】過去問題

2013年(H25年)第21回 あん摩マッサージ指圧師国家試験

臨床医学各論 (問題76~90)

問76

全身性硬化症の所見で正しいのはどれか。

  1. リンパ節腫脹
  2. ソーセージ様手指
  3. 蝶形紅斑
  4. スプーン状爪
解答・解説を見る
解答:

問77

自己免疫疾患はどれか。

  1. ラムゼー・ハント症候群
  2. 多発性筋炎
  3. 過敏性腸症候群
  4. クッシング病
解答・解説を見る
解答:

問78

白内障について正しい記述はどれか。

  1. 水晶体の混濁がみられる。
  2. 流涙が多い。
  3. 結膜充血がみられる。
  4. 眼圧が亢進する。
解答・解説を見る
解答:

問79

外反母趾について正しい記述はどれか。

  1. 男性に多い。
  2. 先の細い靴の着用習慣と関係が深い。
  3. 手術療法の適応はない。
  4. 関節リウマチに合併しない。
解答・解説を見る
解答:

問80

総腓骨神経麻痺について正しい記述はどれか。

  1. 足底の感覚障害を生じる。
  2. 足関節部の圧迫によって発症する。
  3. 足関節の背屈運動が障害される。
  4. 足趾の底屈運動が障害される。
解答・解説を見る
解答:

問81

変形性膝関節症について正しい記述はどれか。

  1. 滑膜組織の摩耗を主病変とする。
  2. 安静時痛が主症状である。
  3. 単純エックス線像で関節裂隙の拡大を認める。
  4. 大腿四頭筋訓練が有効である。
解答・解説を見る
解答:

問82

肺活量が低下するのはどれか。

  1. 急性気管支炎
  2. 過換気症候群
  3. 睡眠時無呼吸症候群
  4. 特発性肺線維症
解答・解説を見る
解答:

問83

C型急性肝炎について正しい記述はどれか。

  1. 経口感染である。
  2. 慢性化はまれである。
  3. 劇症化することが多い。
  4. 有効なワクチンはない。
解答・解説を見る
解答:

問84

イレウスで腸管壊死をきたしやすいのはどれか。

  1. 閉塞性イレウス
  2. 絞扼性イレウス
  3. 麻痺性イレウス
  4. 単純性イレウス
解答・解説を見る
解答:

問85

脊椎麻酔について正しいのはどれか。

  1. 局所麻酔薬を硬膜外に投与する。
  2. 穿刺部位に炎症があっても可能である。
  3. 虫垂切除術に用いられる。
  4. 抗凝固薬使用患者でも安全である。
解答・解説を見る
解答:

問86

肩関節の腱板損傷が多いのはどれか。

  1. 棘上筋
  2. 肩甲下筋
  3. 棘下筋
  4. 小円筋
解答・解説を見る
解答:

問87

内分泌器官と疾患との組合せで正しいのはどれか。

  1. 下垂体――――シーハン病
  2. 甲状腺――――アジソン病
  3. 副甲状腺―――バセドウ病
  4. 副 腎――――クレチン病
解答・解説を見る
解答:

問88

坐骨神経痛の原因として最も多いのはどれか。

  1. L1-L2 椎間板ヘルニア
  2. L2-L3 椎間板ヘルニア
  3. L3-L4 椎間板ヘルニア
  4. L4-L5 椎間板ヘルニア
解答・解説を見る
解答:

問89

緊張型頭痛で正しいのはどれか。

  1. 拍動性である。
  2. 両側性である。
  3. 日常動作で悪化する。
  4. 嘔吐を伴う。
解答・解説を見る
解答:

問90

めまいを最もきたしやすい疾患はどれか。

  1. 突発性難聴
  2. 外耳道炎
  3. 副鼻腔炎
  4. 耳下腺炎
解答・解説を見る
解答: