国家試験【あん摩マッサージ指圧師】過去問題

2013年(H25年)第21回 あん摩マッサージ指圧師国家試験

生理学 (問題34~49)

問34

細胞膜について誤っているのはどれか。

  1. 選択的イオン透過性がある。
  2. 不要な物質を排泄する。
  3. 電気的に興奮する。
  4. 一層構造である。
解答・解説を見る
解答:

問35

健常成人の体液について正しい記述はどれか。

  1. 体液は体重の約40%を占める。
  2. 血漿は細胞外液に区分される。
  3. pH は7.0 である。
  4. 細胞内液にはナトリウムイオンが多い。
解答・解説を見る
解答:

問36

心臓の刺激伝導系で房室結節の次に興奮が伝わるのはどれか。

  1. ヒス束
  2. 洞房結節
  3. 右脚・左脚
  4. プルキンエ線維
解答・解説を見る
解答:

問37

第1心音を発生する心周期の時期はどれか。

  1. 等容性収縮期
  2. 駆出期
  3. 等容性弛緩期
  4. 充満期
解答・解説を見る
解答:

問38

健常成人における安静時の呼吸について正しい記述はどれか。

  1. 腹筋の収縮が起こる。
  2. 呼息時には胸腔内圧が腸圧になる。
  3. 吸息時には腹腔内圧が陰圧になる。
  4. 呼息と吸息で約500ml の空気が出入りする。
解答・解説を見る
解答:

問39

胃の主細胞から分泌されるのはどれか。

  1. 塩 酸
  2. 内因子
  3. ガストリン
  4. ペプシノゲン
解答・解説を見る
解答:

問40

水溶性ビタミンはどれか。

  1. ビタミンA
  2. ビタミンC
  3. ビタミンD
  4. ビタミンE
解答・解説を見る
解答:

問41

発熱について正しい記述はどれか。

  1. インターロイキンが原因となる。
  2. 体温調節機構は大脳皮質にある。
  3. 38℃で蛋白質の変性が始まる。
  4. セットポイントは平熱時より低い。
解答・解説を見る
解答:

問42

血流量の自己調節機構がみられるのはどれか。

  1. 肝 臓
  2. 骨格筋
  3. 腎 臓
  4. 皮 膚
解答・解説を見る
解答:

問43

血液中のカルシウム濃度を増加させるホルモンはどれか。

  1. アルドステロン
  2. カルシトニン
  3. バソプレシン
  4. パラソルモン
解答・解説を見る
解答:

問44

脳波とそれが現れやすい時期との組合せで正しいのはどれか。

  1. α波―――睡眠時
  2. β波―――精神活動時
  3. δ波―――感覚刺激時
  4. θ波―――安静閉眼時
解答・解説を見る
解答:

問45

交感神経の単独支配を受けているのはどれか。

  1. 気 道
  2. 汗 腺
  3. 膵 臓
解答・解説を見る
解答:

問46

屈曲反射について正しい記述はどれか。

  1. 受容器は筋紡錘である。
  2. 刺激側の対側の屈筋が収縮する。
  3. 脊髄反射である。
  4. I群線維が関与する。
解答・解説を見る
解答:

問47

平衡感覚の受容細胞はどれか。

  1. 水平細胞
  2. 自由神経終末
  3. 有毛細胞
  4. パチニ小体
解答・解説を見る
解答:

問48

網膜の黄斑について正しい記述はどれか。

  1. 杆体細胞が密集している。
  2. 明るい場所での分解能が良い。
  3. 暗い場所での感度が高い。
  4. 血管が豊富にある。
解答・解説を見る
解答:

問49

ヒスタミンを産生する細胞はどれか。

  1. 好中球
  2. 単 球
  3. リンパ球
  4. 肥満細胞
解答・解説を見る
解答: