国家試験【あん摩マッサージ指圧師】過去問題

2014年(平成26年)第22回 あん摩マッサージ指圧師国家試験

あん摩マッサージ指圧理論 (問題141〜150)

問141

 古法按摩の「骨分の術」の施術部位はどれか。

  1. 肩関節
  2. 肋 間
  3. 腹 部
  4. 腰 椎
解答・解説を見る
解答:
2

問142

手関節に行う環状軽擦法はどの手技に分類されるか。

  1. 手掌軽擦
  2. 母指軽擦
  3. 二指軽擦
  4. 四指軽擦
解答・解説を見る
解答:
2

問143

あん摩法に特有な手技はどれか。

  1. 曲 手
  2. 軽擦法
  3. 強擦法
  4. 運動操作
解答・解説を見る
解答:
1

問144

指圧の成立に関与した手技療法はどれか。

  1. リフレクソロジー
  2. リンパドレナージ
  3. タクティールケア
  4. オステオパシー
解答・解説を見る
解答:
4

問145

施術に対する感受性の要因はどれか。

  1. 受療経験の有無
  2. 手技の種類
  3. 施術時間の長短
  4. 力の強弱
解答・解説を見る
解答:
1

問146

あん摩・マッサージ・指圧の適応症はどれか。

  1. 更年期障害
  2. 結 核
  3. 動脈瘤
  4. 腹膜炎
解答・解説を見る
解答:
1

問147

指圧施術において高齢者に用いると骨折のリスクが最も高いのはどれか。

  1. 衝圧法
  2. 通常圧法
  3. 持続圧法
  4. 吸圧法
解答・解説を見る
解答:
1

問148

振せん法によって興奮する受容器はどれか。

  1. 腱受容器
  2. パチニ小体
  3. 高閾値機械受容器
  4. ポリモーダル受容器
解答・解説を見る
解答:
2

問149

症状とあん摩・マッサージ・指圧の作用との組合せで正しいのはどれか。

  1. 浮 腫 ――――― 転調作用
  2. 関節拘縮 ―――― 消炎作用
  3. 知覚脱出 ―――― 矯正作用
  4. 筋けいれん ――― 鎮静作用
解答・解説を見る
解答:
4

問149

症状とあん摩・マッサージ・指圧の作用との組合せで正しいのはどれか。

  1. 浮 腫 ――――― 転調作用
  2. 関節拘縮 ―――― 消炎作用
  3. 知覚脱出 ―――― 矯正作用
  4. 筋けいれん ――― 鎮静作用
解答・解説を見る
解答:
4