国家試験【あん摩マッサージ指圧師】過去問題

2015年(平成27年)第23回 あん摩マッサージ指圧師国家試験

東洋医学臨床論 (問題112〜140)

問112

患者の体臭を診るのはどれか。

  1.  望 診
  2.  聞 診
  3.  問 診
  4.  切 診
解答・解説を見る
解答:
2

問113

SOAPについて適切な組合せはどれか。

  1.  S ――― 評 価
  2.  O ――― 客観的所見
  3.  A ――― 治療計画
  4.  P ――― 主 訴 
解答・解説を見る
解答:
2

問114

小腸の病で施術対象となる下合穴はどれか。

  1.  足三里
  2.  下巨虚
  3.  委 中
  4.  陽陵泉
解答・解説を見る
解答:
2

問115

次の文で示す患者について、関係する臓腑経脈を考慮して施術する場合、適切な部位はどれか。 「15歳の女子。高校受験によるストレスのため、頭頂部に直径2cmの円形の脱毛部ができた。」

  1.  上腕外側
  2.  前腕内側
  3.  大腿外側
  4.  下腿内側
解答・解説を見る
解答:
4

問116

次の文で示す患者の病証に対する治療方針で適切なのはどれか。 「42歳の男性。主訴は咳嗽。声に力がなく、全身が重だるい。自汗がみられる。」

  1.  肝火を除く
  2.  脾の湿熱を除く
  3.  肺気を補う
  4.  腎の陰液を補う
解答・解説を見る
解答:
3

問117

次の文で示す経脈病証に対する施術で治療穴として最も適切なのはどれか。 「食べると吐き、胃が痛み、腹が張り、よくおくびが出る。体全体がだるい。」

  1.  外 関
  2.  孔 最
  3.  光 明
  4.  地 機
解答・解説を見る
解答:
4

問118

次の文で示す患者の病証に対する治療で対象となる経脈はどれか。 「58歳の男性。主訴は大腿後内側の痛み。舌の乾き、咳嗽を伴う。」

  1.  足の陽明経
  2.  足の太陽経
  3.  足の少陰経
  4.  足の厥陰経
解答・解説を見る
解答:
3

問119

腋窩リンパ節郭清術後の上肢の浮腫に対し、還流促進を目的に局所に行うマッサージ施術として最も適切なのはどれか。

  1.  切 打
  2.  神経圧迫
  3.  うずまき状強擦
  4.  手掌把握揉捏
解答・解説を見る
解答:
4

問120

片麻痺患者における尖足の悪化防止を目的とする施術で、対象となる筋はどれか。

  1.  膝窩筋
  2.  前脛骨筋
  3.  第三腓骨筋
  4.  下腿三頭筋
解答・解説を見る
解答:
2

問121

ライトテスト陽性を示す患者の施術対象となる筋で、停止腱に対応する経穴はどれか。

  1.  曲 沢
  2.  欠 盆
  3.  巨 骨
  4.  中 府
解答・解説を見る
解答:
4

問122

絞扼性神経障害について罹患神経と局所治療穴の組合せで正しいのはどれか。

  1.  腋窩神経 ――― 肩 貞
  2.  筋皮神経 ――― 消 櫟
  3.  正中神経 ――― 外 関
  4.  橈骨神経 ――― 支 正
解答・解説を見る
解答:
1

問123

月経痛に伴う所見のうち最も施術が適応するのはどれか。

  1.  多量の帯下を伴う。
  2.  不正性器出血を伴う。
  3.  乳房脹痛を伴う。
  4.  月経痛が漸次増強する。
解答・解説を見る
解答:
3

問124

入眠障害を訴える患者に勧める就寝前の生活指導で、最も適切なのはどれか。

  1.  緑茶の飲用
  2.  好きな作家の読書
  3.  ぬるめのお湯の入浴
  4.  腹筋のトレーニング
解答・解説を見る
解答:
3

問125

次の文で示す症例の罹患神経に対する施術で適切なのはどれか。 「43歳の女性。一週間前から食事や歯みがきの際に右上唇から頬にかけて発作性の痛みが起こるようになった。」

  1.  攅 竹
  2.  四 白
  3.  上 関
  4.  大 迎
解答・解説を見る
解答:
2

問126

次の文で示す患者の病証で、治療対象として適切でないのはどれか。 「7歳の男児。主訴は夜尿で、かんしゃくを起こした夜にみられやすい。かんしゃくを起こすと顔は真っ赤になり、ひきつけを起こすことがある。小便は黄色く、臭いが強い。陰部に湿疹がある。脈は滑数。」

  1.  督 脈
  2.  任 脈
  3.  肝 経
  4.  脾 経
解答・解説を見る
解答:
2

問127

次の文で示す症例について施術の対象となる筋はどれか。 「50歳の男性。背側骨間筋の萎縮がみられる。フローマン徴候陽性。」

  1.  母指対立筋
  2.  母指内転筋
  3.  短母指外転筋
  4.  長母指屈筋
解答・解説を見る
解答:
2

問128

VDT症候群による眼精疲労の施術で揉捏法を行う経穴として最も適切なのはどれか。

  1.  頬 車
  2.  人 迎
  3.  下 関
  4.  風 池
解答・解説を見る
解答:
4

問129

次の文で示す患者の罹患筋で最も適切なのはどれか。 「55歳の男性。左殿部から下肢後面にかけて痛み、しびれがある。以前に下位腰椎の椎間板ヘルニアを発症したことがあり、手術により完治した。秩辺付近に圧痛を認める。K・ボンネットテスト陽性。」

  1.  梨状筋
  2.  大殿筋
  3.  大腿方形筋
  4.  大腿筋膜張筋
解答・解説を見る
解答:
1

問130

小海への圧迫法が最も有効なのはどれか。

  1.  肘部管症候群
  2.  ドケルバン病
  3.  上腕骨炎外側上顆炎
  4.  フォルクマン拘縮
解答・解説を見る
解答:
1

問131

呻くような声を発する高齢者に最も関係の深い五臓はどれか。

  1.  腎
  2.  肺
  3.  脾
  4.  心
解答・解説を見る
解答:
1

問132

高齢者の日常動作において、ロコモティブシンドローム(運動器症候群)のチェック項目に該当する のはどれか。

  1.  片足立ちで靴下がはけない。
  2.  5kg以上の米は買って持ち帰れない。
  3.  膝を伸ばした姿勢で靴の紐が結べない。
  4.  続けて1時間以上は歩けない。
解答・解説を見る
解答:
1

問133

椅子に座らせた患者の大腿四頭筋に筋力増強訓練を徒手で行う場合、抵抗を加える部位として適切なのはどれか。

  1.  脛骨粗面部
  2.  下腿前面の中央部
  3.  下腿前面の遠位部
  4.  足背部
解答・解説を見る
解答:
3

問134

次の文で示す症例について、局所治療の対象となる筋で最も適切なのはどれか。 「17歳の男子。野球の投手。1か月前よりフオロースルー期に肩後方に鈍痛を自覚するようになった。」

  1.  棘下筋
  2.  広背筋
  3.  肩甲下筋
  4.  上腕二頭筋
解答・解説を見る
解答:
1

問135

次の文で示す症例について、あ23-135、あ23-136の問に答えよ。 「52歳の男性。主訴は慢性腰痛。腹臥位で腰部の触察をしたところ、脊柱起立筋の過緊張とともにその外側にある深部の筋に、こりと圧痛を認めた。また、圧痛部に指を当てたままで骨盤部を肩に向けて引き上げさせると筋収縮が確認できた。」 あ23-135 脊柱起立筋の外側で、こりと圧痛を呈したのはどれか。

  1.  外腹斜筋
  2.  大腰筋
  3.  腰方形筋
  4.  腸骨筋
解答・解説を見る
解答:
3

問136

あ23-136 脊柱起立筋の外側にある深部の筋を選択的に揉捏するのに適切な部位はどれか。

  1.  腸骨稜と第12肋骨の間
  2.  第1腰椎棘突起から第5腰椎棘突起の外側2cm
  3.  腸骨稜・仙骨と上腕骨小結節部の間
  4.  第12胸椎から第4腰椎の椎体と大腿骨の小転子の間
解答・解説を見る
解答:
1

問137

次の文で示す症例について、あ23-137、あ23-138の問に答えよ。 「62歳の女性。主訴は肥満と左膝痛。メタボリックシンドロームと変形性膝関節症と診断された。」あ23-137 メタボリックシンドロームの診断基準に含まれるのはどれか。

  1.  腹 囲
  2.  赤血球数
  3.  尿 酸
  4.  クレアチニン
解答・解説を見る
解答:
1

問138

次の文で示す症例について、あ23-137、あ23-138の問に答えよ。 「62歳の女性。主訴は肥満と左膝痛。メタボリックシンドロームと変形性膝関節症と診断された。」 あ23-138 本症例で避けるべき運動はどれか。

  1.  ウォーキング
  2.  水 泳
  3.  縄跳び
  4.  ストレッチ
解答・解説を見る
解答:
3

問139

次の文で示す症例について、あ23-139、あ23-140の問に答えよ。 「65歳の女性。半年前から左膝の内側に歩行時痛が出現。痛みのため階段昇降がつらくなり、O脚も目立つようになった。膝蓋骨底上方5cmの大腿周径は右35cm、左33cm。膝蓋骨圧迫テスト、膝蓋跳動はともに陰性。」あ23-139 本症例の治療計画で最も適切なのはどれか。

  1.  前脛骨筋の強化
  2.  後脛骨筋の強化
  3.  大腿四頭筋の強化
  4.  大腿後側筋群の強化
解答・解説を見る
解答:
3

問140

次の文で示す症例について、あ23-139、あ23-140の問に答えよ。 「65歳の女性。半年前から左膝の内側に歩行時痛が出現。痛みのため階段昇降がつらくなり、O脚も目立つようになった。膝蓋骨底上方5cmの大腿周径は右35cm、左33cm。膝蓋骨圧迫テスト、膝蓋跳動はともに陰性。」あ23-140 本症例の膝関節の深部組織を加温する目的で使用するのはどれか。

  1.  赤外線
  2.  ホットパック
  3.  パラフィン浴
  4.  極超短波
解答・解説を見る
解答:
4