国家試験【あん摩マッサージ指圧師】過去問題

2015年(平成27年)第23回 あん摩マッサージ指圧師国家試験

あん摩マッサージ指圧理論 (問題141〜150)

問141

あん摩の基本手技で腹部に対し手を重ねて施術するのはどれか。

  1.  二指揉捏
  2.  母指揉捏
  3.  四指揉捏
  4.  手根揉捏
解答・解説を見る
解答:
4

問142

手背で叩く手技はどれか。

  1.  拳打法
  2.  切打法
  3.  宿気打法
  4.  拍打法
解答・解説を見る
解答:
3

問143

求心性抵抗運動法の主な目的はどれか。

  1.  筋力の増強
  2.  関節可動域の改善
  3.  末梢循環の促進
  4.  筋短縮の予防
解答・解説を見る
解答:
3

問144

指圧の押圧操作の3.原則に含まれるのはどれか。

  1.  衝 圧
  2.  吸 圧
  3.  持続圧
  4.  緩 圧
解答・解説を見る
解答:
3

問145

あん摩・マッサージ・指圧施術で対象とならないのはどれか。

  1.  関節リウマチの痛み
  2.  脳卒中後の関節拘縮
  3.  活動性肺結核の咳嗽
  4.  常習性便秘
解答・解説を見る
解答:
3

問146

高齢者への施術で力度に注意が最も必要なのはどれか。

  1.  督脈の術
  2.  頭維の術
  3.  骨分の術
  4.  平手の術
解答・解説を見る
解答:
1

問147

手掌圧迫法の刺激を伝導するのはどれか。

  1.  後索路
  2.  錐体外路
  3.  脊髄小脳路
  4.  外側脊髄視床路
解答・解説を見る
解答:
1

問148

腓腹筋筋けいれんに対して持続圧迫を行ったところ、けいれんが治まった。考えられる作用はどれか。

  1.  興奮作用
  2.  鎮静作用
  3.  反射作用
  4.  矯正作用
解答・解説を見る
解答:
2

問149

軽擦法で生じる鎮痛効果に関与するのはどれか。

  1.  レニン-アンジオテンシン系
  2.  下行性痛覚抑制系
  3.  下垂体-副腎皮質系
  4.  ゲートコントロール系
解答・解説を見る
解答:
4

問149

軽擦法で生じる鎮痛効果に関与するのはどれか。

  1.  レニン-アンジオテンシン系
  2.  下行性痛覚抑制系
  3.  下垂体-副腎皮質系
  4.  ゲートコントロール系
解答・解説を見る
解答:
4