国家試験【あん摩マッサージ指圧師】過去問題

2015年(平成27年)第23回 あん摩マッサージ指圧師国家試験

臨床医学各論 (問題56〜78)

問56

疾患と所見の組合せで正しいのはどれか。

  1.  鉄欠乏性貧血 ――――――――― スプーン状爪
  2.  急性白血病 ―――――――――― 関節内血腫
  3.  特発性血小板減少性紫斑病 ――― 脾 腫
  4.  血友病 ―――――――――――― リンパ節腫大
解答・解説を見る
解答:
1

問57

パーキンソン病でよくみられるのはどれか。

  1.  痙性麻痺
  2.  アテトーゼ
  3.  見当識障害
  4.  突進現象
解答・解説を見る
解答:
4

問58

クッシング症候群でよくみられるのはどれか。

  1.  体重減少
  2.  皮膚線条
  3.  低血圧
  4.  低血糖
解答・解説を見る
解答:
2

問59

関節リウマチでよくみられるのはどれか。

  1.  レイノー現象
  2.  アフタ性口内炎
  3.  ヘバーデン結節
  4.  尺側偏位
解答・解説を見る
解答:
4

問60

筋・健疾患についての組合せで正しいのはどれか。

  1.  肉離れ ――――――― 骨化性筋炎
  2.  多発性筋炎 ――――― 筋挫傷
  3.  ドケルバン病 ―――― フィンケルスタインテスト
  4.  重症筋無力症 ―――― 筋仮性肥大
解答・解説を見る
解答:
3

問61

熱傷についての組合せで正しいのはどれか。

  1.  ?度熱傷 ――― 水疱形成
  2.  ?度熱傷 ――― 皮膚全層の凝固壊死
  3.  熱傷面積 ――― 9の法則
  4.  初期治療 ――― 軟膏塗布
解答・解説を見る
解答:
3

問62

脊柱管狭窄を生じるのはどれか。

  1.  椎体前縁骨棘形成
  2.  黄色靭帯肥厚
  3.  前縦靭帯骨化
  4.  棘突起肥大
解答・解説を見る
解答:
2

問63

先天性内反足について正しいのはどれか。

  1.  女児に多い。
  2.  前足部は外転変形している。
  3.  早期にギプス矯正を行う。
  4.  リーメンビューゲル装具を装着する。
解答・解説を見る
解答:
3

問64

インフルエンザウイルス感染症について正しいのはどれか。

  1.  予防に手洗いは有用である。
  2.  春に大流行を起こしやすい。
  3.  潜伏期は1,2週間である。
  4.  三類感染症である。
解答・解説を見る
解答:
1

問65

高尿酸血症について正しいのはどれか。

  1.  自己免疫疾患である。
  2.  成人女性に多い。
  3.  プリン体と関係する。
  4.  関節炎の好発部位は手関節である。
解答・解説を見る
解答:
3

問66

2型糖尿病について正しいのはどれか。

  1.  若年者に多い。
  2.  非肥満者に多い。
  3.  糖尿病患者の90%以上を占める。
  4.  治療の第一選択はインスリン療法である。
解答・解説を見る
解答:
3

問67

悪性腫瘍を合併しやすいのはどれか。

  1.  全身性硬化症
  2.  ベーチェット病
  3.  シェーグレン症候群
  4.  皮膚筋炎
解答・解説を見る
解答:
4

問68

副鼻腔炎が原因となるのはどれか。

  1.  髄膜炎
  2.  神経梅毒
  3.  ポリオ
  4.  くも膜下出血
解答・解説を見る
解答:
1

問69

重症筋無力症の初発症状はどれか。

  1.  耳鳴り
  2.  眼瞼下垂
  3.  兎眼
  4.  構音障害
解答・解説を見る
解答:
2

問70

次の文で示す症例について、あ23-70、あ23-71の問に答えよ。「78歳の男性。胸痛、呼吸困難の精査のため受診。心電図検査で左室肥大所見を認めた。心エコー検査では著明な大動脈弁口の狭窄と左室-大動脈間の圧較差がみられた。」あ23-70 本疾患の所見で適切なのはどれか。

  1.  ?音亢進
  2.  収縮期雑音
  3.  ランブル音
  4.  速 脈
解答・解説を見る
解答:
2

問71

次の文で示す症例について、あ23-70、あ23-71の問に答えよ。「78歳の男性。胸痛、呼吸困難の精査のため受診。心電図検査で左室肥大所見を認めた。心エコー検査では著明な大動脈弁口の狭窄と左室-大動脈間の圧較差がみられた。」あ23-71 本疾患の原因で適切なのはどれか。

  1.  リウマチ熱
  2.  大動脈解離
  3.  心房中隔欠損症
  4.  肺動脈血栓塞栓症
解答・解説を見る
解答:
1

問72

次の文で示す症例について、あ23-72、あ23-73の問に答えよ。 「55歳の女性。息切れ、動悸、めまいを主訴に来院した。45歳で胃全摘手術の既往がある。血液検査では 大球性正色素性貧血を認めた。」 あ23-72 本疾患の原因はどれか。

  1.  ビタミンA欠乏
  2.  ビタミンB6欠乏
  3.  ビタミンB1.2.欠乏
  4.  ビタミンK欠乏
解答・解説を見る
解答:
3

問73

本疾患でみられるのはどれか。

  1.  黄 疸
  2.  スプーン状爪
  3.  脾 腫
  4.  ハンター舌炎
解答・解説を見る
解答:
4

問74

次の文で示す症例について、あ23-74、あ23-75の問に答えよ。 「49歳の女性。易疲労感、食欲不振を主訴に来院した。皮膚は乾燥し、低血圧、歯肉の色素沈着が認められる。月経異常や体重減少も伴っていた。」 あ23-74 最も考えられる疾患はどれか。

  1.  橋本病
  2.  アジソン病
  3.  ランバート・イートン症候群
  4.  ギラン・バレー症候群
解答・解説を見る
解答:
2

問75

あ23-75 疾患の治療に用いられるのはどれか。

  1.  ビタミンD製剤
  2.  甲状腺ホルモン
  3.  副腎皮質ホルモン
  4.  非ステロイド系抗炎症薬
解答・解説を見る
解答:
3

問76

気管支喘息について正しいのはどれか。

  1.  最近減少傾向にある。
  2.  昼間に発作を起こしやすい。
  3.  吸入ステロイド薬が有効である。
  4.  小児喘息はアトピー性が少ない。
解答・解説を見る
解答:
3

問77

星状神経節ブロックが用いられる頻度が高いのはどれか。

  1.  後頭神経痛
  2.  顔面神経麻痺
  3.  肋間神経痛
  4.  坐骨神経痛
解答・解説を見る
解答:
2

問78

肺癌の隣接臓器への浸潤により起こるのはどれか。

  1.  マルファン症候群
  2.  ネフローゼ症候群
  3.  ラムゼー・ハント症候群
  4.  パンコースト症候群
解答・解説を見る
解答:
4