国家試験【あん摩マッサージ指圧師】過去問題

2016年(平成28年)第24回 あん摩マッサージ指圧師国家試験

あん摩マッサージ指圧理論 (問題141〜150)

問141

胸鎖乳突筋の揉捏法で使用頻度が最も高いのはどれか。

  1. 母指揉捏法
  2. 二指揉捏法
  3. 手根揉捏法
  4. 手掌揉捏法
解答・解説を見る
解答:
2

問142

腹部に用いる揉捏法で使用頻度が最も高いのはどれか。

  1. 錐揉状揉捏法
  2. 櫓盪揉捏法
  3. 縦行揉捏法
  4. 鋸切状揉捏法
解答・解説を見る
解答:
2

問143

指圧の基本圧法のうち通常圧法に比べて反射作用を喚起する効果が高いのはどれか。

  1. 緩圧法
  2. 衝圧法
  3. 持続圧法
  4. 吸引圧法
解答・解説を見る
解答:
2

問144

関節モビリゼーションの目的はどれか。

  1. 関節周囲筋の筋力増強
  2. 関節液の分泌促進
  3. 関節包内運動の改善
  4. 関節周囲の皮膚の伸張性の改善
解答・解説を見る
解答:
3

問145

あん摩・マッサージ・指圧の相対禁忌はどれか。

  1. 片頭痛
  2. 過敏性腸症候群
  3. 慢性気管支炎
  4. 胃潰瘍
解答・解説を見る
解答:
4

問146

手指消毒に関して正しいのはどれか。

  1. 次亜塩素酸ナトリウムを用いる。
  2. 流水での洗浄は10秒間行う。
  3. ベースン法を行う。
  4. ラビング法では約3mlの消毒薬を用いる。
解答・解説を見る
解答:
2

問147

軽擦法の刺激の受容に関与するのはどれか。

  1. 腱受容器
  2. 脊髄側角
  3. 後索路
  4. 大脳基底核
解答・解説を見る
解答:
3

問148

けいれん性便秘に対して体性-自律神経反射を介した治療を行う場合、適切なデルマトームはどれか。

  1. C5-C8
  2. Th1-Th4
  3. Th7-Th11
  4. L1-L5
解答・解説を見る
解答:
3

問149

神経痛に対する神経伸展法で期待できる作用はどれか。

  1. 鎮静作用
  2. 誘導作用
  3. 反射作用
  4. 消炎作用
解答・解説を見る
解答:
1

問149

神経痛に対する神経伸展法で期待できる作用はどれか。

  1. 鎮静作用
  2. 誘導作用
  3. 反射作用
  4. 消炎作用
解答・解説を見る
解答:
1