国家試験【あん摩マッサージ指圧師】過去問題

2016年(平成28年)第24回 あん摩マッサージ指圧師国家試験

臨床医学各論 (問題56〜77)

問56

子宮頚癌について正しいのはどれか。

  1. 閉経後に多い。
  2. ヒト乳頭腫ウイルスとの関連がある。
  3. 腺癌が多い。
  4. CEAが腫瘍マーカーとして適している。
解答・解説を見る
解答:
2

問57

回転性めまいがよくみられるのはどれか。

  1. 髄膜炎
  2. 突発性難聴
  3. 小脳脳幹部腫瘍
  4. 聴神経腫瘍
解答・解説を見る
解答:
4

問58

子宮内膜症について正しいのはどれか。

  1. 月経痛を起こしやすい。
  2. 不妊の原因として頻度は低い。
  3. 卵巣に病変がみられることは少ない。
  4. ホルモン補充療法が行われる。
解答・解説を見る
解答:
1

問59

疾患と症状の組合せで正しいのはどれか。

  1. 皮膚筋炎 ―――――――――― ヘリオトロープ疹
  2. 全身性硬化症(強皮症)―――- 陰部潰瘍
  3. ベーチェット病 ――――――― 蝶形紅斑
  4. 全身性エリトマトーデス ――― ブドウ膜炎
解答・解説を見る
解答:
1

問60

疾患と検査所見の組合せで正しいのはどれか。

  1. 前立腺癌 ―――――― PSA高値
  2. 関節リウマチ ―――― CRP陰性
  3. 尿崩症 ――――――― バソプレシン高値
  4. アトピー性皮膚炎 ―― 血清IgE低値
解答・解説を見る
解答:
1

問61

肩関節周囲炎について正しいのはどれか。

  1. 原因は外傷が多い。
  2. 肩関節可動域制限はない。
  3. 安静時の疼痛が特徴である。
  4. 腱板の変性が認められる。
解答・解説を見る
解答:
3

問62

骨肉腫について正しいのはどれか。

  1. 老年期に好発する。
  2. 骨端部に好発する。
  3. 手指骨に好発する。
  4. 骨幹端に好発する。
解答・解説を見る
解答:
4

問63

短距離走で肉離れを起こしやすいのはどれか。

  1. 大内転筋
  2. 大腿二頭筋
  3. 中間広筋
  4. 大腰筋
解答・解説を見る
解答:
2

問64

男性に多い疾患はどれか。

  1. 特発性側弯症
  2. フライバーグ病
  3. 先天性内反足
  4. 外反母趾
解答・解説を見る
解答:
3

問65

スポーツ外傷はどれか。

  1. 野球肩
  2. 上腕骨投球骨折
  3. テニス肘
  4. シンスプリント
解答・解説を見る
解答:
2

問66

感染症で正しいのはどれか。

  1. 猩紅熱はウィルス感染症である。
  2. マイコプラズマ肺炎は若年者に好発する。
  3. ブドウ球菌感染症には耐性菌はない。
  4. 細菌性赤痢の潜伏期は約2週間である。
解答・解説を見る
解答:
2

問67

慢性閉塞性肺疾患で正しいのはどれか。

  1. 原因は細菌感染である。
  2. 20~40歳に好発する。
  3. 労作時息切れを呈する。
  4. エックス線写真で含気量低下を認める。
解答・解説を見る
解答:
3

問68

二次性高血圧の原因となる疾患はどれか。

  1. 褐色細胞腫
  2. バージャー病
  3. ラムゼイハント症候群
  4. 上大静脈症候群
解答・解説を見る
解答:
1

問69

生活習慣と最も関連が深いのはどれか。

  1. 肥大型心筋症
  2. 僧帽弁閉鎖不全症
  3. 心室中隔欠損症
  4. 急性心筋梗塞
解答・解説を見る
解答:
4

問70

次の文で示す症例について、あ24-70、あ24-71の問いに答えよ。「36歳の女性。発汗過多、心悸亢進を主訴に来院した。食欲はあるが体重は減少傾向で、興奮しやすい。手指には振戦がみられた。血圧は正常、心電図検査では洞性頻脈が認められた。」 あ24-70 本疾患に特徴的な所見はどれか。

  1. 浮腫
  2. 口内炎
  3. 満月様顔貌
  4. 眼球突出  
解答・解説を見る
解答:
4

問71

あ24-71 本疾患の治療として適切なのはどれか。

  1. ホルモン補充療法
  2. 抗甲状腺薬
  3. 抗生物質
  4. 副腎皮質ステロイド薬
解答・解説を見る
解答:
2

問72

次の文で示す症例について、あ24-72、あ24-73の問いに答えよ。 「45歳の男性。腰から殿部にかけての痛みを訴える。腰を反らせると痛みは増悪し、大腿部に放散 する。前屈では痛みを生じない。神経学的異常所見はみられない。」 あ24-72 本疾患で最も考えられる病態はどれか。

  1. 椎間板髄核の脱出
  2. 脊柱管の狭窄
  3. 椎間関節の炎症
  4. 前縦靭帯の肥厚
解答・解説を見る
解答:
2

問73

あ24-73 本疾患で陽性を示す所見はどれか。

  1. 椎間関節に一致した圧痛
  2. ケンプ徴候
  3. SLRテスト
  4. パトリック徴候
解答・解説を見る
解答:
2

問74

次の文で示す症例について、あ24-74、あ24-75の問いに答えよ。 「70歳の男性。右手足がふるえ、動作が緩慢となり受診した。顔面は無表情で、立位では前かがみ であった。認知症はない。」 あ24-74 本症例の主な障害部位はどれか。

  1. 大脳皮質
  2. 視床
  3. 小脳
  4. 黒質
解答・解説を見る
解答:
4

問75

あ24-75 本疾患にみられる身体所見はどれか。

  1. 固縮
  2. 強直
  3. 痙縮
  4. けいれん
解答・解説を見る
解答:
1

問76

1型糖尿病について正しいのはどれか。

  1. 中高年者に好発する。
  2. 肥満者に多い。
  3. 罹患者数は2型糖尿病より多い。
  4. インスリン分泌が低下している。
解答・解説を見る
解答:
4

問77

ランツ点に圧痛がみられるのはどれか。

  1. 虫垂炎
  2. 急性膵炎
  3. 急性胃炎
  4. 食道炎
解答・解説を見る
解答:
1