国家試験【あん摩マッサージ指圧師】過去問題

2016年(平成28年)第24回 あん摩マッサージ指圧師国家試験

リハビリテーション医学 (問題78〜90)

問78

特発性肺線維症について正しいのはどれか。

  1. 湿性咳嗽がみられる。
  2. 樽状胸がみられる。
  3. 拘束性換気障害を呈する。
  4. 予後は良好である。
解答・解説を見る
解答:
3

問79

介護保険法による「訪問リハビリテーション」を行う職種はどれか。

  1. 看護師
  2. 作業療法士
  3. 介護福祉士
  4. あん摩マッサージ指圧師
解答・解説を見る
解答:
2

問80

失調症の検査として正しいのはどれか。

  1. 指鼻試験
  2. 徒手筋力検査
  3. カロリックテスト
  4. トレンデレンブルグ徴候
解答・解説を見る
解答:
1

問81

温熱療法の効果はどれか。

  1. 痙縮増強
  2. 末梢血管収縮
  3. 組織代謝亢進
  4. 筋スパズム増強
解答・解説を見る
解答:
3

問82

慢性期の脳卒中片麻痺患者に最もよく用いられる装具はどれか。

  1. 長下肢装具
  2. 膝関節装具
  3. 短下肢装具
  4. 足関節装具
解答・解説を見る
解答:
3

問83

脳卒中片麻痺の特徴的な異常歩行はどれか。

  1. 分回し歩行
  2. あひる歩行
  3. 小刻み歩行
  4. 墜落性破行
解答・解説を見る
解答:
1

問84

脳卒中の運動療法を開始する際にアンダーソン・土肥の基準で訓練を行わない方が良い場合はどれか。

  1. 安静時に息切れがある。
  2. 下肢に筋肉痛がある。
  3. 脈拍が100回/分である。
  4. 収縮期血圧が140mmHgである。
解答・解説を見る
解答:
1

問85

脊髄損傷後に生じる合併症で最もよくみられるのはどれか。

  1. 肝硬変
  2. 膀胱結石
  3. 慢性膵炎
  4. 慢性閉塞性肺疾患
解答・解説を見る
解答:
2

問86

下肢切断後の合併症で義足歩行訓練に有利に働くのはどれか。

  1. 浮腫
  2. 幻肢感覚
  3. 血腫
  4. 骨突出
解答・解説を見る
解答:
2

問87

アテトーゼ型脳性麻痺にみられる二次的合併症で最も多いのはどれか。

  1. 認知症
  2. 痙性片麻痺
  3. 変形性肩関節症
  4. 頸椎症性脊髄症
解答・解説を見る
解答:
3

問88

慢性閉塞性肺疾患に対する運動療法でボルグ・スケールによる負荷量として最も適切なのはどれか。

  1. かなり楽である
  2. 楽である
  3. ややきつい
  4. かなりきつい
解答・解説を見る
解答:
3

問89

ウイリアムス体操で正しいのはどれか。

  1. 体幹の伸展を促す。
  2. 腰椎の前弯を増強させる。
  3. 肩甲骨周囲筋を強化する。
  4. 股関節屈筋群を伸張させる。
解答・解説を見る
解答:
4

問90

パーキンソン病のリハビリテーションについて正しいのはどれか。

  1. 末期には無効である。
  2. 寒冷療法が有効である。
  3. 筋力訓練は無効である。
  4. 薬が効いているときに行う。
解答・解説を見る
解答:
3or4