国家試験【はり師・きゅう師】過去問題

1993年(平成5年)第1回 はり師・きゅう師国家試験

東洋医学概論 (問題97〜111)

問97

誤っているのはどれか。

  1. 小腸は受盛の官である。  
  2. 胆は州都の官である。
  3. 胃は水穀の海である。   
  4. 大腸は伝導の官である。
解答・解説を見る
解答:
2

問98

胸中に宿る気はどれか。

  1. 栄(営)気  
  2. 衛気  
  3. 宗気  
  4. 元気
解答・解説を見る
解答:
3

問99

臓腑の生理作用のうち骨と髄の生長発育に関係し、耳と二陰に開窮するのはどれか。

  1. 心  
  2. 肺  
  3. 肝  
解答・解説を見る
解答:
4

問100

心の臓の生理・病理について誤っているのはどれか。

  1. 心は血脈をつかさどる。  
  2. 心は疏泄をつかさどる。
  3. 心は神を蔵す。      
  4. 心は舌に開窮する。
解答・解説を見る
解答:
2

問101

奇怛の腑に属するのはどれか。

  1. 脳・子宮  
  2. 肝・腎  
  3. 脾・胃  
  4. 心包・三焦
解答・解説を見る
解答:
1

問102

誤っているのはどれか。

  1. 憂は肺を傷る。  
  2. 恐は肝を傷る。  
  3. 思は脾を傷る。  
  4. 喜は心を傷る。
解答・解説を見る
解答:
2

問103

八綱病証で病位を診るのはどれか。

  1. 陰陽  
  2. 虚実  
  3. 寒熱  
  4. 表裏
解答・解説を見る
解答:
4

問104

問診と関連する組合せはどれか。

  1. 酸 ― 苦 ― 甘  
  2. 呼 ― 笑 ― 歌
  3. 青 ― 赤 ― 黄  
  4. _ ― 焦 ― 香
解答・解説を見る
解答:
1

問105

八裏の脈はどれか。

  1. 滑脈  
  2. 緊脈  
  3. 結脈  
  4. 臑脈
解答・解説を見る
解答:
4

問106

冷え性で他覚的にも冷えが認められる状態を何というか。

  1. 傷寒  
  2. 悪寒  
  3. 悪風  
  4. 厥冷
解答・解説を見る
解答:
4

問107

六部定位の脈診部位と臓腑との組合せで正しいのはどれか。

  1. 右の寸口 ― 肺・大腸  
  2. 左の関上 ― 脾・胃
  3. 右の尺中 ― 腎・膀胱  
  4. 左の寸口 ― 心包・三焦
解答・解説を見る
解答:
1

問108

聞診で用いる感覚はどれか。

  1. 触覚  
  2. 味覚  
  3. 視覚  
  4. 嗅覚
解答・解説を見る
解答:
4

問109

誘導法に相当する鍼の刺法はどれか。

  1. 偶刺  
  2. 豹文刺  
  3. 遠道刺  
  4. 分刺
解答・解説を見る
解答:
3

問110

 鍼の補瀉で正しいのはどれか。

  1. 呼気に刺入し吸気に抜くのは瀉である。   
  2. 抜鍼後の鍼痕を素早く押さえるのは補である。
  3. 経絡の流れに逆らって刺すのは補である。  
  4. 刺入した鍼に軽い振動を与えるのは瀉である。
解答・解説を見る
解答:
2

問111

難経六十九難による治療では肺が虚している時、これを補するのに最も適している経穴はどれか。

  1. 二間  
  2. 公孫  
  3. 列缺  
  4. 太白
解答・解説を見る
解答:
4