国家試験【はり師・きゅう師】過去問題

1994年(平成6年)第2回 はり師・きゅう師国家試験

東洋医学概論 (問題97〜111)

問97

 五行色体の関係で正しい組合せはどれか。

  1. 目  ― 腎  
  2. 肌肉 ― 脾  
  3. 毛  ― 肝  
  4. 髄  ― 心
解答・解説を見る
解答:
2

問98

脈外をめぐる気はどれか。

  1. 経気  
  2. 宗気  
  3. 営気  
  4. 衛気
解答・解説を見る
解答:
4

問99

相克について正しい記述はどれか。

  1. 肝は腎を克する。  
  2. 肺は心を克する。  
  3. 心は脾を克する。  
  4. 脾は肝を克する。
解答・解説を見る
解答:
*

問100

腎について正しい記述はどれか。

  1. 第3腰椎に付く。  
  2. 骨を主る。  
  3. 将軍の官である。  
  4. 神を蔵する。
解答・解説を見る
解答:
2

問101

魂を蔵し、判断力や計画性などの精神活動を支配する臓腑はどれか。

  1. 肝  
  2. 心  
  3. 腎  
解答・解説を見る
解答:
1

問102

津液の代謝に関係しない臓腑はどれか。

  1. 肝・胆  
  2. 脾・胃  
  3. 肺・大腸  
  4. 腎・膀胱
解答・解説を見る
解答:
1

問103

喉の腫れ、鼻出血および下顎歯の痛みはどの経絡病証か。

  1. 手の太陰肺経  
  2. 手の陽明大腸経  
  3. 足の少陽胆経  
  4. 足の太陽膀胱経
解答・解説を見る
解答:
2

問104

五邪について正しい組合せはどれか。

  1. 湿邪 ― 肺  
  2. 風邪 ― 肝  
  3. 暑邪 ― 腎  
  4. 寒邪 ― 心
解答・解説を見る
解答:
2

問105

脈について正しい記述はどれか。

  1. 左手の関上の脈は肝・胆を診る。  
  2. 弦脈、緊脈は陰脈である。
  3. 人迎気口脈診は経絡病証を診る。  
  4. 陰脈、陽脈は祖脈である。
解答・解説を見る
解答:
1

問106

難経の腹診において臍の下で診る病はどれか。

  1. 肝の病  
  2. 心の病  
  3. 脾の病  
  4. 腎の病
解答・解説を見る
解答:
4

問107

寒証でないのはどれか。

  1. 遅脈  
  2. 手足の厥冷  
  3. 小便は少なく赤い。  
  4. 温かいものを好む。
解答・解説を見る
解答:
3

問108

次の文で示す病証に関係する経絡はどれか。「咳、喘鳴、胸がハリ満ちた感じがあり、上肢の内側に沿った冷えと痛みがある。」

  1. 手の少陽三焦経  
  2. 手の少陰心経  
  3. 手の厥陰心包経  
  4. 手の太陰肺経
解答・解説を見る
解答:
4

問109

 鍼の刺法について正しい組合せはどれか。

  1. 半刺  ― 肺  
  2. 豹文刺 ― 腎  
  3. 輸刺  ― 血絡  
  4. 報刺  ― 腹痛
解答・解説を見る
解答:
1

問110

補法となる艾の取扱いはどれか。

  1. 底面を広くする。  
  2. 皮膚に密着させる。  
  3. 柔らかくひねる。  
  4. 火力を強める。
解答・解説を見る
解答:
3

問111

難経六十九難による補法で正しい組合せはどれか。

  1. 肝虚 ― 中封、湧泉  
  2. 脾虚 ― 隠白、然谷
  3. 肺虚 ― 大敦、魚際  
  4. 腎虚 ― 経渠、復溜
解答・解説を見る
解答:
4