国家試験【はり師・きゅう師】過去問題

1994年(平成6年)第2回 はり師・きゅう師国家試験

はり理論 (問題141〜150)

問141

古代九鍼の用法のうち摩擦や圧迫を目的とした鍼はどれか。

  1. _鍼  
  2. 鋒鍼  
  3. _鍼  
  4. 毫鍼
解答・解説を見る
解答:
1

問142

刺入した鍼の周囲の皮膚を鍼管または指頭で叩き、刺激を与える手技はどれか。

  1. 示指打法  
  2. 内調術  
  3. 細刺術   
  4. 副刺激術
解答・解説を見る
解答:
4

問143

拔鍼が困難な鍼(渋鍼)の周囲に刺鍼して筋肉を弛緩させてから抜鍼する処置法はどれか。

  1. 返し鍼  
  2. 通し鍼  
  3. 散鍼   
  4. 迎え鍼
解答・解説を見る
解答:
4

問144

刺鍼により心拍数は減少する。このメカニズムとして考えられないのはどれか。

  1. 交感神経機能の低下             
  2. 副交感神経機能の亢進
  3. 交感神経機能の亢進と副交感神経機能の低下 
  4. 交感神経機能の低下と副交感神経機能の亢進
解答・解説を見る
解答:
3

問145

内部環境という言葉で恒常性について述べたのは誰か。

  1. ウォルター・キャノン  
  2. クロード・ベルナール
  3. ハンス・セリエ     
  4. ノーバート・ウイナー
解答・解説を見る
解答:
1,2

問146

鍼の雀啄刺激の後、刺激した部位に鈍痛が残った。原因として考えにくいのはどれか。

  1. 侵害受容器の興奮  
  2. 発痛物質の出現  
  3. 血管透過性の亢進  
  4. 固有受容器の興奮
解答・解説を見る
解答:
3,4

問147

痛覚に関する組合せで正しいのはどれか。

  1. Aδ(デルタ)神経線維 ― 鈍痛  
  2. C神経線維 ― 刺痛
  3. ブラジキニン ― 発痛物質     
  4. ヒスタミン ― 血管収縮
解答・解説を見る
解答:
3

問148

体幹部の痛覚の伝導路はどれか。

  1. 外側脊髄視床路  
  2. 前脊髄小脳路  
  3. 延髄視床路    
  4. 視蓋脊髄路
解答・解説を見る
解答:
1

問149

低周波鍼通電療法で通常、電極として用いる鍼はどれか。

  1. 金鍼      
  2. 銀鍼  
  3. ステンレス鍼  
  4. 絶縁鍼
解答・解説を見る
解答:
3

問150

自律神経について誤っている記述はどれか。

  1. アトロピンは副交感神経遮断剤である。
  2. 副交感神経節前ニューロンの伝達物質はアドレナリンである。
  3. 交感神経節前ニューロンの伝達物質はアセチルコリンである。
  4. 交感神経節後ニューロンの伝達物質はノルアドレナリンである。
解答・解説を見る
解答:
2