国家試験【はり師・きゅう師】過去問題

1994年(平成6年)第2回 はり師・きゅう師国家試験

きゅう理論 (問題151〜160)

問151

良質艾の主成分はヨモギのどの部分か。

  1. 花      
  2. 葉脈
  3. 毛茸
解答・解説を見る
解答:
4

問152

灸療法への関与が小さいと考えられる感覚受容器はどれか。

  1. 温覚受容器  
  2. 圧受容器  
  3. ポリモーダル受容器  
  4. 痛覚受容器
解答・解説を見る
解答:
2

問153

皮膚の温覚について誤っている記述はどれか。

  1. 順応が起こりやすい。  
  2. 環境の温度に影響される。
  3. 温点は痛点より多い。  
  4. 求心性線維はC線維である。
解答・解説を見る
解答:
3

問154

内因性オピオイドに含まれないのはどれか。

  1. エンケファリン  
  2. βエンドルフィン  
  3. サブスタンスP  
  4. ダイノルフィン
解答・解説を見る
解答:
3

問155

ヘッド帯の出現に関係する反射はどれか。

  1. 内臓-運動反射  
  2. 内臓-知覚反射  
  3. 内臓-自律神経反射  
  4. 内臓-内臓反射
解答・解説を見る
解答:
2

問156

温度受容器はどれか。

  1. 自由神経終末  
  2. メルケル盤  
  3. パチニ小体   
  4. マイスナー小体
解答・解説を見る
解答:
1

問157

次の文で示す状況は火傷の第何度か。「施灸時に紅斑と腫脹とがわずかに見られ、疼痛を訴えたが痕跡を残さず治癒した。」

  1. 第4度      
  2. 第3度
  3. 第2度
  4. 第1度
解答・解説を見る
解答:
4

問158

イボに施灸し組織を破壊する灸法はどれか。

  1. 透熱灸  
  2. 打膿灸  
  3. 焦灼灸  
  4. 棒灸
解答・解説を見る
解答:
3

問159

弛緩性便秘に対する施灸の目的とする作用はどれか。

  1. 誘導作用  
  2. 防衛作用  
  3. 興奮作用  
  4. 消炎作用
解答・解説を見る
解答:
3

問160

灸痕化膿の予防として適切でない記述はどれか。

  1. 正しく同一点に施灸する。  
  2. なるべく壮数を多くする。
  3. 消毒は不必要である。    
  4. 灸痕を掻破しないよう注意する。
解答・解説を見る
解答:
3