国家試験【はり師・きゅう師】過去問題

1994年(平成6年)第2回 はり師・きゅう師国家試験

衛生学公衆衛生学 (問題3〜10)

問3

伝染病で誤っている記述はどれか。

  1. 肺結核の届出は結核予防法による。  
  2. エイズの届出は性病予防法による。
  3. コレラは検疫伝染病である。     
  4. B型肝炎は垂直感染する。
解答・解説を見る
解答:
2

問4

施術者の手指の消毒で誤っている記述はどれか。

  1. 逆性石けんを用いる。
  2. 刺鍼の場合は法律で規定されている。
  3. 機械的と化学的との二つの消毒法の組合せがよい。  
  4. エタノールを用いる場合は非乾燥状態がよい。
解答・解説を見る
解答:
4

問5

我が国の食生活でとりすぎが最も問題となる栄養素はどれか。

  1. ビタミンC  
  2. 食塩  
  3. 動物性脂肪  
  4. 糖質
解答・解説を見る
解答:
2

問6

職業との関係が明確でない病態はどれか。

  1. 頸肩腕障害  
  2. 局所振動障害  
  3. じん肺  
  4. 三叉神経痛
解答・解説を見る
解答:
4

問7

誤っている組合せはどれか。

  1. 労働者災害補償保険法 ― 職業病  
  2. 労働基準法      ― 労働時間
  3. 労働安全衛生法    ― 衛生管理者   
  4. 事務所衛生基準    ― 連続作業時間
解答・解説を見る
解答:
4

問8

人口動態統計で人口を分母としないのはどれか。

  1. 出生率  
  2. 死亡率  
  3. 有病率  
  4. 周産期死亡率
解答・解説を見る
解答:
4

問9

毒性が最も弱い気体はどれか。

  1. 二酸化炭素  
  2. 一酸化炭素  
  3. 二酸化硫黄  
  4. 二酸化窒素
解答・解説を見る
解答:
1

問10

室内環境条件として誤っているのはどれか。

  1. 一酸化炭素濃度100ppm以下  
  2. 湿度40~70%
  3. 温度範囲17~28℃       
  4. 二酸化炭素濃度0.1%以下
解答・解説を見る
解答:
1