国家試験【はり師・きゅう師】過去問題

1994年(平成6年)第2回 はり師・きゅう師国家試験

生理学 (問題34〜49)

問34

DNAについて正しい記述はどれか。

  1. 小胞体にある。   
  2. 1本のラセン構造である。
  3. 遺伝情報をもつ。  
  4. 2種類の塩基で構成される。
解答・解説を見る
解答:
3

問35

血漿中のアルブミンについて誤っている記述はどれか。

  1. 血漿中に最も多く含まれるタンパク質である。  
  2. 細胞へのアミノ酸供給源である。
  3. 抗体として働く。               
  4. 血漿の浸透圧維持に関与する。
解答・解説を見る
解答:
3

問36

血圧を上昇させる要因はどれか。

  1. 抵抗血管の拡張  
  2. 迷走神経活動の亢進  
  3. 心拍出量の増加  
  4. 圧受容器活動の亢進
解答・解説を見る
解答:
3

問37

心臓でスターリングの法則を示す記述はどれか。

  1. 右心房に流入する血液が多くなると心拍数が増える。
  2. 右心房に流入する血液が多くなると心拍出量が増える。
  3. 左心室から流出する血液が多くなると心拍数が増える。
  4. 左心室から流出する血液が多くなると心拍出量が増える。
解答・解説を見る
解答:
2

問38

呼吸について正しい記述はどれか。

  1. 1回換気量は吸気量と残気量との和である。  
  2. 肺活量は最大の吸気量である。
  3. 安静呼気時に残気量はゼロになる。      
  4. 吸気時に胸腔内圧が更に陰圧となる。
解答・解説を見る
解答:
4

問39

小腸粘膜で吸収される物質はどれか。

  1. でんぷん  
  2. 麦芽糖  
  3. ブドウ糖  
  4. 庶糖
解答・解説を見る
解答:
3

問40

血糖を下げるホルモンはどれか。

  1. グルカゴン  
  2. ガストリン  
  3. アドレナリン  
  4. インスリン
解答・解説を見る
解答:
4

問41

外気温が著しく低下したとき体温を維持する機能はどれか。

  1. 皮膚血管の収縮    
  2. 不感蒸散の増加
  3. 交感神経活動の低下  
  4. 抗利尿ホルモン分泌の増加
解答・解説を見る
解答:
1

問42

尿細管で起こる現象のうち体液の浸透圧を下げる要因はどれか。

  1. ナトリウムイオンの再吸収  
  2. 水の再吸収  
  3. 水素イオンの分泌  
  4. ブドウ糖の再吸収
解答・解説を見る
解答:
2

問43

サイロキシンの作用で誤っているのはどれか。

  1. 代謝亢進  
  2. 体温上昇  
  3. 発育促進  
  4. 体液量増加
解答・解説を見る
解答:
4

問44

α運動ニューロンについて誤っている記述はどれか。

  1. 起始部は脊髄または脳幹にある。  
  2. 軸索は髄鞘に囲まれている。
  3. 軸索末端部には伝達物質がある。  
  4. 錘内筋を支配する。
解答・解説を見る
解答:
4

問45

脊髄反射でないのはどれか。

  1. 屈曲反射  
  2. 交叉性伸展反射  
  3. 腹壁反射  
  4. 立ち直り反射
解答・解説を見る
解答:
4

問46

 視床下部に調節中枢がないのはどれか。

  1. 体温  
  2. 摂食  
  3. 姿勢  
  4. 体液量
解答・解説を見る
解答:
3

問47

大脳皮質の機能局在について正しい組合せはどれか。

  1. 体性感覚野 ― 中心後回  
  2. 運動野   ― 側頭葉
  3. 聴覚野   ― 後頭葉     
  4. 視覚野   ― 中心前回
解答・解説を見る
解答:
1

問48

味覚について正しい記述はどれか。

  1. 苦味は基本味の一つである。      
  2. 舌の部位による味覚の差はない。
  3. 受容器細胞は味蕾の基底細胞である。  
  4. 舌の前方3分の2は迷走神経が支配する。
解答・解説を見る
解答:
1

問49

痛みについて誤っている記述はどれか。

  1. 鋭い痛みと鈍い痛みとがある。  
  2. 深部痛覚は局在性が明確である。
  3. 受容器は自由神経終末である。  
  4. エンドルフィンは内因性鎮痛物質である。
解答・解説を見る
解答:
2