国家試験【はり師・きゅう師】過去問題

1994年(平成6年)第2回 はり師・きゅう師国家試験

病理学 (問題50〜56)

問50

原因と結果との組合せで誤っているのはどれか。

  1. 肝硬変症   ― 腹水      
  2. 冠状動脈閉塞 ― 心筋梗塞
  3. 凝固因子欠除 ― 血栓形成  
  4. 胃切除    ― 貧血
解答・解説を見る
解答:
3

問51

病原体と疾患との組合せで誤っているのはどれか。

  1. ウイルス  ― 成人T細胞白血病  
  2. 細菌    ― 結核
  3. リケッチア ― 破傷風      
  4. 原虫    ― マラリア
解答・解説を見る
解答:
3

問52

免疫について誤っている組合せはどれか。

  1. 免疫学的記憶  ― 免疫二次反応  
  2. 細胞性免疫   ― 結核
  3. 先天性免疫不全 ― エイズ    
  4. I型アレルギー ― 気管支喘息
解答・解説を見る
解答:
3

問53

高齢者に多い疾患はどれか。

  1. 胸腺肥大  
  2. 骨粗鬆症  
  3. 骨肉腫  
  4. アデノイド増殖症
解答・解説を見る
解答:
2

問54

再生の最も盛んな組織はどれか。

  1. 赤色骨髄  
  2. 心筋  
  3. 神経  
  4. 平滑筋
解答・解説を見る
解答:
1

問55

腫瘍について正しい記述はどれか。

  1. 非上皮性腫瘍は蜂巣構造を示す。  
  2. 上皮性腫瘍は実質と間質との境界が不鮮明である。
  3. 悪性腫瘍は異型性が強い。     
  4. 良性腫瘍は浸潤性に発育する。
解答・解説を見る
解答:
3

問56

胎児の異常と原因との組合せで正しいのはどれか。

  1. ターナー症候群      ― 常染色体異常       
  2. 胎児性水俣病       ― 無機水銀
  3. クラインフェルター症候群 ― ウイルス感染  
  4. アザラシ肢症       ― サリドマイド
解答・解説を見る
解答:
4