国家試験【はり師・きゅう師】過去問題

1994年(平成6年)第2回 はり師・きゅう師国家試験

臨床医学総論 (問題57〜68)

問57

頻脈となる疾患はどれか。

  1. 心ブロック  
  2. 脳圧亢進  
  3. バセドウ病  
  4. 洞不全症候群
解答・解説を見る
解答:
3

問58

浮腫の原因となる病態はどれか。

  1. 低タンパク血症  
  2. 低カリウム血症  
  3. 高脂血症  
  4. 高尿酸血症
解答・解説を見る
解答:
1

問59

 歩行と疾患との組合せで誤っているのはどれか。

  1. 間欠性跛行       ― 進行性筋ジストロフィー  
  2. すくみ足歩行      ― パーキンソン症候群
  3. 失調性歩行       ― 小脳変性症        
  4. トレンデレンブルグ歩行 ― 先天性股関節脱臼
解答・解説を見る
解答:
1

問60

顔貌と疾患との組合せで誤っているのはどれか。

  1. 無欲性顔貌    ― うつ病  
  2. ヒポクラテス顔貌 ― 癌末期
  3. 仮面様顔貌    ― 神経症  
  4. 満月様顔貌    ― クッシング症候群
解答・解説を見る
解答:
3

問61

問診について正しい記述はどれか。

  1. 信頼関係が重要である。      
  2. 最初から特定の疾患を推定して行う。
  3. 訴えは医学専門用語で記載する。  
  4. 患者の職場の上司には問診の内容を話す。
解答・解説を見る
解答:
1

問62

心電図検査でわからない病態はどれか。

  1. 不整脈  
  2. 心肥大  
  3. 心筋梗塞  
  4. 心筋収縮不全
解答・解説を見る
解答:
4

問63

 WHOの高血圧分類で境界域の拡張期血圧はどれか。

  1. 80~89mmHg  
  2. 90~94mmHg  
  3. 95~99mmHg  
  4. 100~104mmHg
解答・解説を見る
解答:
2

問64

臍部の皮膚知覚の支配神経はどれか。

  1. 第7胸神経  
  2. 第10胸神経  
  3. 第1腰神経  
  4. 第5腰神経
解答・解説を見る
解答:
2

問65

意識障害に含まれない症状はどれか。

  1. 傾眠  
  2. 昏睡  
  3. 抑うつ  
  4. せん妄
解答・解説を見る
解答:
3

問66

膝蓋腱反射について正しい記述はどれか。

  1. 表在反射の一つである。     
  2. 反射中枢は脊髄にある。
  3. ビタミンD欠乏症で亢進する。  
  4. 坐骨神経の疾患で減弱する。
解答・解説を見る
解答:
2

問67

腋窩温と直腸温との比較で正しい記述はどれか。

  1. 腋窩温が約2℃低い。  
  2. 腋窩温が約1℃低い。
  3. 直腸温が約1℃低い。  
  4. 直腸温が約2℃低い。
解答・解説を見る
解答:
2

問68

次の文は何の障害を示すか。「うとうと眠っているようにみえるが、比較的軽い刺激に反応し、質問にも答えられる。」

  1. 記憶  
  2. 感情  
  3. 意識  
  4. 知能
解答・解説を見る
解答:
3