国家試験【はり師・きゅう師】過去問題

1994年(平成6年)第2回 はり師・きゅう師国家試験

リハビリテーション医学 (問題89〜96)

問89

 慢性閉塞性肺疾患の訓練法として誤っているのはどれか。

  1. 腹式呼吸  
  2. 口ひろげ呼吸  
  3. 排痰訓練  
  4. 全身調整運動
解答・解説を見る
解答:
2

問90

手の内在筋はどれか。

  1. 浅指屈筋  
  2. 深指屈筋  
  3. 指伸筋  
  4. 虫様筋
解答・解説を見る
解答:
4

問91

運動法について正しい記述はどれか。

  1. フレンケル体操は慢性関節リウマチのための体操である。
  2. 等尺性運動は等張性運動より筋力増強効果が大きい。
  3. 運動によって肺活量は増加しない。
  4. 松葉杖は片麻痺の歩行訓練に適している。
解答・解説を見る
解答:
2

問92

言語障害について誤っている組み合わせはどれか。

  1. 運動性失語症 ― ブローカ中枢  
  2. 感覚性失語症 ― ウェルニッケの中枢
  3. 構音障害   ― 体性感覚野     
  4. 失語症    ― 左側大脳半球損傷
解答・解説を見る
解答:
3

問93

脳卒中後片麻痺について正しい記述はどれか。

  1. 片麻痺からは骨粗鬆症にならない。
  2. 麻痺の程度と排尿障害の程度とは無関係である。
  3. 痙性の出現によって内反尖足が起こる。
  4. 関節可動域訓練によって肩関節の亜脱臼が起こりやすい。
解答・解説を見る
解答:
3

問94

脳性麻痺について誤っている記述はどれか。

  1. けいれん発作のコントロールが必要である。    
  2. 精神発達遅滞と麻痺の程度とは無関係である。
  3. 訓練法としてボバース法、ボイタ法などがある。  
  4. 訓練は学齢期から開始する。
解答・解説を見る
解答:
4

問95

脊髄損傷について誤っている記述はどれか。

  1. 褥瘡の予防が必要である。  
  2. プッシュアップ訓練が必要である。
  3. 尿路管理が必要である。   
  4. 頸髄損傷では大振り歩行訓練が必要である。
解答・解説を見る
解答:
4

問96

心疾患の運動負荷試験について誤っている記述はどれか。

  1. マスター2階段法は段差を次第に高くする。
  2. トレッドミルはベルトの傾斜やスピードを変化させる。
  3. 自転車エルゴメーターは運動量をワット単位で表示できる。
  4. 負荷が過大になれば心電図異常が出現しやすい。
解答・解説を見る
解答:
1