国家試験【はり師・きゅう師】過去問題

1995年(平成7年)第3回 はり師・きゅう師国家試験

はり理論 (問題141〜150)

問141

エンドルフィンの拮抗物質はどれか。

  1. セロトニン  
  2. ドーパミン  
  3. アセチルコリン  
  4. ナロキソン
解答・解説を見る
解答:
4

問142

ストレス学説における生体反応として関係のないのはどれか。

  1. 副腎皮質の肥大 
  2. 脾臓の肥大  
  3. 胸腺の萎縮    
  4. 十二指腸の潰瘍
解答・解説を見る
解答:
2

問143

次の文で示す刺鍼中の手技はどれか。「鍼が目的の深さに達したら、半分抜いてしばらくそこにとどめ、また前の深さまで刺入して、しばらくそこにとどめることを繰り返す。」

  1. 間歇術  
  2. 屋漏術  
  3. 刺鍼転向法  
  4. 乱鍼術
解答・解説を見る
解答:
1

問144

皮膚のポリモーダル受容器からの求心性線維はどれか。

  1. Aα線維  
  2. Aβ線維  
  3. Aγ線維  
  4. C線維
解答・解説を見る
解答:
4

問145

刺鍼による脳貧血の際に行うのはどれか。

  1. 迎え鍼  
  2. 返し鍼  
  3. 渋り鍼  
  4. 置き鍼
解答・解説を見る
解答:
2

問146

深部痛覚の特徴について誤っている記述はどれか。

  1. 痛みの局在が明瞭な場合が多い。  
  2. 自律神経反射を伴うことが多い。
  3. 痛みの感受性には部位差がある。  
  4. 骨格筋の反射性収縮を起こすことが多い。
解答・解説を見る
解答:
1

問147

鍼を使用しない手技はどれか。

  1. 内調術  
  2. 管散術  
  3. 単刺術  
  4. 細刺術
解答・解説を見る
解答:
2

問148

自律神経失調症やアレルギー体質などを改善する鍼の作用はどれか。

  1. 鎮静作用  
  2. 誘導作用  
  3. 転調作用  
  4. 消炎作用
解答・解説を見る
解答:
3

問149

打鍼法で使用する鍼の鍼尖の形状はどれか。

  1. スリオロシ型  
  2. ノゲ型  
  3. 松葉型  
  4. 卵型
解答・解説を見る
解答:
1

問150

刺鍼により手部皮膚血管は一過性に収縮する。機序として正しいのはどれか。

  1. 交感神経α受容体系の反応である。  
  2. 交感神経β受容体系の反応である。
  3. 副交感神経亢進反応である。     
  4. 交感神経抑制反応である。
解答・解説を見る
解答:
1