国家試験【はり師・きゅう師】過去問題

1995年(平成7年)第3回 はり師・きゅう師国家試験

衛生学公衆衛生学 (問題3〜10)

問3

老人保健法に規定されている保健事業で誤っているのはどれか。

  1. 健康保険証の交付  
  2. 健康相談  
  3. 健康診査  
  4. 訪問指導
解答・解説を見る
解答:
1

問4

感染症と予防のための法律との組合せで正しいのはどれか。

  1. コレラ ― 伝染病予防法  
  2. 梅毒  ― 性病予防法
  3. 結核  ― 結核予防法    
  4. エイズ ― 検疫法
解答・解説を見る
解答:
3

問5

水系流行による感染症でないのはどれか。

  1. コレラ  
  2. ワイル病  
  3. ポリオ  
  4. 結核
解答・解説を見る
解答:
4

問6

鍼の消毒に適さないのはどれか。

  1. 高圧蒸気  
  2. エタノール  
  3. 逆性石けん  
  4. エチレンオキサイドガス(EOG)
解答・解説を見る
解答:
3

問7

室内環境測定の指標として最も有用なのはどれか。

  1. オゾン  
  2. 悪臭  
  3. ハウスダスト  
  4. 二酸化炭素
解答・解説を見る
解答:
4

問8

予防保健と対策との組合せで正しいのはどれか。

  1. 健康増進  ― 職業訓練   
  2. 第一次予防 ― 予防接種
  3. 第二次予防 ― 事故防止  
  4. 第三次予防 ― 職業病対策
解答・解説を見る
解答:
2

問9

母子健康手帳を交付するのは誰か。

  1. 厚生大臣  
  2. 都道府県知事  
  3. 市長村長  
  4. 保健所長
解答・解説を見る
解答:
3

問10

我が国の衛生統計で正しい記述はどれか。

  1. 感染症による死亡が総死亡の中で最も多い。  
  2. 有訴者の90%以上が通院している。
  3. 出生率は年々低下している。         
  4. 自然死産は人工死産よりも多い。
解答・解説を見る
解答:
3